プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
美味しいうどん屋めぐり 
試飲会など、お出かけする機会が続いてた先月。
その帰りにお昼をどうするか・・・結構迷ったりします。
そんなわけで、せっかく行った場所の名店と呼ばれるところに運よく入れたお店などを紹介します。

「美々卯」
うどんすきで有名ですが、単品ランチをお願いしました。
この日は渋谷に行く用事があったので、渋谷店で。

花湯葉うどん
  1702163716983.jpg

これ、人気らしく、他のテーブルからも注文の声が沢山聞こえてました。
特に女性に人気?

鶏なんばん
  DSC_4847.jpg

どちらも上品なお出汁のおうどんでしたね!
関西~~~って、感じでした(^_^)
近くに美登利寿司があったのですが、整理券発行するほどの混みようで、いつか行きましょう。
最近、凄い人気店ですね。

別の日は、講習会と職場が近にありながら、なかなかお昼時間が確保できずにいて、気になりつつ入れなかったお店へ。
仕事の時は実質、お昼は30分あるかないかなんでね。

「こくわがた」
こちら、五反田にある「オニヤンマ」の出の方が出店してるのですね。
  DSC_4881.jpg

いつも行列を見てて気になってました。
でも、完全立ち食いなので、ちょっと抵抗ありで・・・
一度は行ってみようとなりました。
  DSC_4883.jpg

ぶっかけは、すだちをトッピング注文して、生醤油をかけて頂きます。

私は、揚げ茄子のかけうどん
  DSC_4882.jpg

生姜と天かすはお好みで好きなだけ!
麺が手打ちならではのコシ。
かしわ天や揚げ茄子は、注文受けてからなので、アツアツを頂けますよ(^_^)
まぁ行列あっても、回転が早いので、仕事が忙しくてもOKですが、やっぱり立ち仕事してる私は休憩くらい座りたい(笑)
たまにならいいけど・・・・<(_ _)>
味は美味しいですよ~~~~

そんなうどんづいてるのに、家で一人夕飯の時、体調と寒さを考えて、味噌煮込みうどんを作ってみました。
  17202250774.jpg

余ってた野菜を入れて、天ぷらだけお惣菜コーナーで買ってトッピング(手抜きです)
一人飯なので、十分かな?ただ、奥にちょっと写ってるのは茶碗蒸し
こちらはちゃんと作りました。最近、体調が悪い時、茶碗蒸しを作る頻度があがってます。
茶碗蒸しだと胃もホッとして、食べやすいので・・・・。

4月まで、胃が痛い事が控えてるので、頑張ろうっと。


食べ歩き | 【2017-03-14(Tue) 10:40:21】 | Trackback(-) | Comments:(6)
成人の祝い
今年、次女が成人式を迎え、本来なら1月に祝うところ
成人式当日は、同窓会とかで忙しく、またすぐに大学の期末試験などがあったので、試験が一段落する頃にお祝いを計画してました。
結局、2月後半になってしまったのです。

場所は、前から娘達からのリクエストがあった
またまた「エトゥルスキ」へ

長女は仕事終りに合流する事になっていたので、遅くの時間からスタート
次女は緊張気味で(笑)
こういうちゃんとしたお店に来るのは初めてで・・・おはずかしい
折角のお祝いの席
席につくと、なんと、電線をハクビシンがとことこ歩いてるではないですか!!!
大都会のど真ん中の表参道で、野生の動物がいるとは聞いていたものの
本当に見ると思わなかった(笑)
まぁ近くに明治神宮や青山墓地など緑が多い地域なので、不思議ではないのですが、まさか電線の上とは(笑)

そんな始まりの食事会
長女も合流して、いつもの先輩が色々考えてくれました。
まずは、スパークリングで乾杯
  DSC_4849.jpg

後ろに見える、あの電線をにハクビシンがいたのですよ~~~~(^_^)

さぁお料理がスタート
  DSC_4850.jpg

前回のお料理は、冬バージョンでしたが、春の新しいメニューに変わってるのは知ってましたので楽しみでした。
  17024174804227.jpg

春らしく、ホタテです。
最近、次女がホタテ好きになり、喜んでくれました。

「ホタテ貝のソテー、カリフラワーとグリンピースのプーレア添え、白プッタネスカソース」
だそうです・・・(^^ゞ

パスタは、穴子のパスタ
「自家製タリアテッレ、アナゴとクルミのマルサラ風味」
  170174708822.jpg

メインは、お肉かお魚を選べるというので、私はお魚
  DSC_4855.jpg

「サワラのコンフィ、菜の花のソース、季節山菜のアッリオオリオ仕立て、マテガイのロワイヤル」

娘はお肉で
  1487929699225.jpg
「仔羊のパン粉付けロースト、フレゴラとプティトマト添えフキノトウ風味のソース」

ラムの臭さはまったくなく、美味しく頂いてました。

そして、順番が逆なのですが、これが凄かった
  DSC_4854.jpg

なんと、黒トリュフをこれでもか!というくらいスライスしてくれた、ニョッキ!
もう、これだけで予算オーバーなんですけど~~~~~~
娘二人とも
「こういうの、テレビのゴチでしか見た事ないヤツだわ~~~」って興奮してて(笑)
そりゃそうですよね・・・
ホレホレ、ママの交流もたいしたもんでしょ???(笑)

支配人、忙しい中、時々顔出してくれて、私の小学校、中学の部活の時の話とかして・・・
あまり悪い事言わないでくださいね(笑)
で、「どういうお母さん?」なんて、娘に聞くものですから、娘悩んで
「う~~~~ん、怖いお母さん」 おいおいい・・・<(_ _)>
まぁ当たってるけど(笑)

そして、支配人からサプライズ
  170223235244634.jpg

二十歳のお祝いプレートを作ってくれてたのです!
ありがとう~~~~先輩。
しかも、congratulation とかの英語ではなく、勿論イタリア語でのお祝い。
娘、感動してました。

でも、かなりお腹一杯だったので、こちらちゃんとお土産用にしてくれました。
本当に何から何までサービスしてくれて・・・・

ちゃんと、デザートは別に用意してくれてました。
  DSC_4856.jpg

「トルタ ディ サッビア、バナナのシャーベットとジャンドウイアのソース」
バナナのシャーベット美味しかった~~~~

DSC_4857.jpg

お客様もひと段落したので、リラックスして記念撮影を♪
  17094005600.jpg

先輩、本当にお世話になり、ありがとうございました。
これで、次女の二十歳という区切りを祝う事ができました。
これから、ちゃんと目標に向かってがんばってくださいね。



イベント | 【2017-03-13(Mon) 11:23:52】 | Trackback(-) | Comments:(6)
お雛様のちらし寿司 おまけあり
今年の雛祭りの3月3日
都合により、前日の2日にしました。

慌てて、急いで作ったので、あまり可愛く出来ず。
みんなのブログを見て、大反省!
皆さんのようにしてあげれば・・・タラレバばかりの年になりました(^^ゞ

  1703013525256.jpg

冷凍庫に鰻がありましたので、こちらも使いました。
後は、エディブルフラワーがあったので、それを買ってのせてみました。
もっと、盛り付けとか考えてあげれば良かったです。
今年流行りの市松飾りのお寿司にしたかったのですが、、、

  1703013710894.jpg

いつもは、鰤の照り焼きを作ってましたが、今年はかじきマグロのハーブソテー
はまぐりのお吸い物(毬麩入り)
画像ありませんが、つくねも用意しました。

あまり食欲がなかったので、これで十分で・・・
翌日は、あまったお寿司と茶碗蒸しを作りました。

次女も、大学の試験を控えていて、夕飯の時間もあまり取りたくないほど、焦ってましたので、
手っ取り早く済ませたいのでした。

<おまけ>
試験が一段落した次女さん、友達と箱根で息抜きへ
お土産買ってきました。
  DSC_4814.jpg

大涌谷が警戒解除になって、ロープウェーが再開されましたね。
でも、まだまだ警戒地域はあるそうで・・・
1個食べたら、3年長生きできますように(笑)


イベント | 【2017-03-06(Mon) 16:39:27】 | Trackback(-) | Comments:(7)
新進気鋭の造り手を探す旅 ブルゴーニュ
定期的に集まる ワインラバーの会
今年初めての集まりでした。
毎回テーマがありまして、それに合わせたワインを愛でて、あーだこーだといううるさいワイン会(笑)

1本目
「シルヴァン・パタイユ:マルサネ・ロゼ フルール・ド・ピノ 2012」
  DSC_4822.jpg

マルサネと言えば、ロゼというイメージ
こちらのシルバン・パタイユはこの会では2回目の登場、私は先日、この赤も飲んでますが、ロゼがいいですね。
色がまた凄い
  DSC_4821.jpg

味はコニャックのような香りと濃さもしっかり。。。

2本目
「アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール:シャブリ・ベレール・エ・クラルディ 2008」
若いカップルのドメーヌです。
  DSC_4826.jpg

シャブリと言えば、牡蠣というイメージがありますが、今はあまりそういう人いないように思います(^^)
ひねくれものの私達は、けしてそうしません(笑)
だって、マスター 鰤の照り焼き出してきましたから!
  DSC_4823.jpg

勿論、タレはワインにあうように変えてありましたが、少々濃厚な味で白を当てます。
シャブリなのに、すっきり感より、2008年というだけあって、熟成を感じました。
どなたかが「シュナンブランみたい」と一言・・・・本当にニュアンス、それです!と同意。
最後の苦味と〆がふとそう思わせてくれました。
  DSC_4827.jpg

2008年は酸が強い年なんだそうですが、さすがに9年くらい経っているので、酸も落ち着いてるだろうと期待しての参加。
実は、これ、数年前に買っておいた方がよいよと教えてもらって、買ってたのでした。
グランキュリュでも、プルミエでもなく、村のものなので、そう感動を期待してませんでしたが、ほどよい熟成感で、大変美味しかったです。濃厚感も感じられ、楽しめました。

3本目
「バシュレ・モノ:ピュリニー・モンラッシェ1級・ルフェ-ル 2014」
  DSC_4824.jpg

若き兄弟によって2005年に設立され、注目の造り手です。
2014年は当たり年との事で、美味しさを再認識できる1本となりました。
まさに、新進気鋭に匹敵する1本。
最初、候補にあがったのですが、次回にしようかという話に、まさに「私、家にあります!」という方がいて、参加決定した1本でした。ミネラル感を楽しめ、お料理にあいやすい心地良いワインでしたね。

4本目
「オーレリアン・ヴェルデ:ヴォーヌ・ロマネ1級・ボーモン 2014」
  DSC_4828.jpg

ヴェルデ家の畑を受け継いだ息子さんオーレリアンとアランが造ってるワイン。
フランスのナショナルチームに所属するほどのバイクレーサーから転身した方です。
ニュイサンジョルジュ村から離れた、アルスナン村で作られています。
味のイメージは、そつなく、美味しい。生意気ですが、最初に香りをふーーーっと感じつつ、舌に残るスピードが早かったように思います。引き際がちょっと早い?
たまにはこういうのもいいのかも・・・ねっとり、濃厚でいつまでも余韻を楽しむ。
それだけがよいワインともいえないのかもしれませんね。

このあたりから、お肉へ
  DSC_4830.jpg

しっかり煮込んだお肉は相変わらず、美味しく頂きました。

5本目
「オリビエ・バーンスタイン:シャンボール1級・レ・ラヴォット 2010」
  DSC_4831.jpg

この日のメーンワインでした。
なんとも花畑の広々とした可憐なスミレやシロツメクサ、白いマーガレットなどの花の中にいるような香りに包まれました。
シャンボール・ミュジニーを語るにふさわしい1本だそうです。
美味しかった・・・若き造り手
アンリ・ジャイエと一緒に仕事をした経験をお持ちで、プルミエとグランクリュは新樽と使ってるようです。

お料理は、フォアグラ丼でしたが・・・お腹がいっぱいで、フォアグラだけ頂きました。
タレも美味しく・・・残してすみませんでした<(_ _)>

そして、前回 お目にかかれなかった
「モンタル アルマニャック 1964」
  DSC_4833.jpg

  DSC_4836.jpg

52年の時を経て、出会えた感動。
ブランデーですね。琥珀の液体は、身体に浸透していき、心躍る感動でした。

今回も素敵な出会いの会となりました。
  DSC_4842.jpg

次のお題を考えながら、お開きとなった素敵な夜となりました。


ワイン | 【2017-03-05(Sun) 16:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(4)
テーブルウェアフェスティバル
2月の1週目、毎年恒例に開催されてるテーブルウェアに行って来ました。
  DSC_4712.jpg

平日なのに、混んでました。
  DSC_4713.jpg

毎年、コーディネート大賞のコンテストの作品が並びます。
  DSC_4736.jpg

今年は、有名人の作品も多数ありました。
女優の余貴美子さんの作品
  DSC_4717.jpg

  DSC_4718.jpg

加藤たタキさんのも・・・
  DSC_4719.jpg

オードリー・ヘップバーンとともに過ごした空間だそうです。
  DSC_4720.jpg

トークショーにも参加していた、黒柳徹子さんと共同出店の作品も。
  DSC_4725.jpg

  DSC_4724.jpg

私が行った日のイベントは服部幸應氏のトークイベントでした。
食育についてのお話。。。
現在、日本のアスリートだけがオーガニック食材を使う人が少ないという事。
世界のトップアスリートの食生活はもっと気を遣っている・・・など。
後は親の食への意識・・・ もっとゆっくり聞けばよかったかな?

沢山の作品を見て、後は食器やテーブル小物を見ます。
今年は信楽焼きのスープカップを一つ買いました。
食器は気にしだしたら、キリがないので・・・・(笑)

いろんなコーディネートを楽しんできたという感じ
  DSC_4737.jpg

  DSC_4721.jpg

  DSC_4728.jpg

いつもこんな素敵なテーブルというのはありえないけど、自分で何かできたら楽しいでしょうね。
と感心しつつ イベントを楽しませてもらいました(*^_^*)
来年は、どんな感じになるのでしょうね♪


イベント | 【2017-02-23(Thu) 12:23:34】 | Trackback(-) | Comments:(6)
東京で頂く讃岐うどん と 立ち食い蕎麦
いつも美味しいうどんで、行列のできる「丸香」以外にも人気あるうどん屋さん発見!

根津神社すぐ近所にある 「根の津」
先日見た時は、行列だったので興味深々で通って、調べてました。

初めて入ると外国人率が高い!
さすが、根津ですね~ 谷中、千駄木、根津は外国人の観光客が多い地域なんですよね。

この日頼んだのは、鴨ネギ
  171439-27099.jpg

こちらは、ちくわ天のぶっかけ
  1714-3946767.jpg

注文してからうどんが出るまで少し時間がかかってましたね。
混んでたので、私達は相席でした。
フランス人のお客様、お会計を済ませてお店を出ていったのですが、3人とも大きな旅行バッグを忘れてしまうほど美味しかったのでしょうか(笑)
食べて何か色々会話で盛り上がったままお店を出ていってしまったのです!
慌ててお店の方が追いかけまして・・・ 日本のヌードルはどうでしたか?と聞きたかったです。
フランス語ができたなら(笑)

お店の大きさもさほど広くないです。
  DSC_4793.jpg

その前は、お蕎麦を頂いた日の事
  170209-50-16-259.jpg

立ち食い蕎麦 「ゆで太郎」
牡蠣のかき揚げでした。
立ち食い蕎麦なのに、天ぷらはいつも注文受けてから揚げてくれるので、あつあつ、サクサク。
牡蠣のかき揚げは初めてでしたが、美味しかったですよ。


ランチ | 【2017-02-20(Mon) 14:38:46】 | Trackback(-) | Comments:(8)
バレンタインチョコ
いろんな記事がたまってるのですが、アップする時間がなくて。
でも、日々いろんな事を記録したいのですよね。

順番は違いますが、今年のバレンタインチョコは・・・
買ったのと作ったのとありました。
でも、作ったのが~~~失敗で・・・(>_<)
バラバラにしたので、画像なし!
再度挑戦予定♡

買ったのは
   DSC_4787.jpg

ベルギーの「ドゥバイヨル」
丸のケースが可愛くて♪
   17144149875.jpg

それともう一つは、娘の好きな抹茶の「辻利」
   DSC_4782.jpg

   170216094628751.jpg
丸いのは、山椒入りなんですって・・・まだ食べてないので興味深々。

手作りはガトーショコラ
渡した相手は、1歳の可愛らしい紳士ちゃんへ♡
また持って行くからね(*^_^*)

最近、手にしたグッズなんですが
  DSC_4777.jpg

大さじ、小さじ、あとは50ml測れます。
何杯か数えるより、便利~~~
昨年、ケーキを作った時、こういうのがあるのを知って、見つけたので買いました。

<おまけ>
植えてたアボカドがだいぶ大きくなりました。
  DSC_4761.jpg

一度、途中カットしてたところから新芽も出てきて
  DSC_4763.jpg

これから春に向けて、さらに伸びるかしら?


スィーツ | 【2017-02-19(Sun) 14:02:58】 | Trackback(-) | Comments:(6)
ミシュランに掲載された 美味しいとんかつ屋さんへ
いつも行列だったり、完売で入れなかった とんかつ屋さんへ
「ポンチ軒」

実は以前もとんかつ屋さんだった場所に
新しくポンチ軒になってから、テレビに出たり、色々噂が広まってたお店です。

私は ヒレカツ定食を注文
  17-15-35-14-041_20170207082237203.jpg

小さく見えるでしょ?
でも、一つの厚さが5センチくらいあって、ボリューム満点!
ヒレなので、さっぱりと柔らかく・・・・
かなりお腹いっぱいになりました。

今度は他のも食べてみたいですね。
ちょっとお高いですが、美味しいです(*^^)

  DSC_4613_20170207082238762.jpg

早い時間じゃないとなかなか入れませんが、一度はよいかと。
おススメ致します。



食べ歩き | 【2017-02-13(Mon) 09:31:11】 | Trackback(-) | Comments:(6)
醬(ひしお)作り
P1010466.jpg

ひしお(醬)ってな~に?
究極の旨み調味料です。

友人が主催する発酵食を作る教室に参加してきました。

作るのは、簡単
  DSC_4704.jpg

こちらは、愛知の名刀味噌さんのひしおの糀
中に入ってるのは、麦麹と豆麹のブレンドです。
こちらに、醤油(広島)と、水、昆布を入れます。

  DSC_4695.jpg

綺麗な手で混ぜます。
  DSC_4697.jpg

白く泡だつのが理想だそうです。
これを約2週間寝かせます。
一番大事なのは、毎日、混ぜるという事・・・ぬか床と一緒ですね。
約1週間くらいから使えるとの事でした。

  DSC_4699.jpg


醬(ひしお)は、塩分は醤油より少ないのに、旨み成分は醤油よりあり、味も濃くなりますので、少量で使える調味料。
発酵のしくみの説明を受けました。

  DSC_4702.jpg

塩を使ってませんね。

何年も寝かせる事も可能で、継ぎ足しながら使えるうそうです。
2014年に作り始めた醬を見せてもらいました。
  DSC_4700.jpg

さぁ 試食です。
  170205161933958.jpg

左は約1週間の醬、右がさきほどの何年も寝かせたものです。
こちらを使って
  170205-1618-8223.jpg

飲み物は、甘酒とイチゴをブレンダーで混ぜたものだそうです。
ピンクでかわいく、甘酒ですが、本物は加糖してないので、さっぱり!凄く美味しかった♪
アボカドとマグロのユッケ、塩辛も醬で作ると辛味が柔らかに感じました。
ナムル、醬で漬け込んだ豚肉のソテー。
お魚に漬けたりする時は、直接ではなく、布などに巻いてから塗るといいと教えてもらいました。

家に戻ってから、毎日、混ぜ混ぜしてますよ(*^_^*)
これで、約1週間
 P1010463.jpg

もう少し様子を見て、調味料として使っていきますね。

そして、この後、東京ドームで開催されてる「テーブルウェア展」へ
そのお話はまた別の記事にしますね。

その後は、またみんなで ”ラムしゃぶ会”へ

ラムの癖をほとんど感じず、美味しく頂きました。
  17-02-06-06-20-38-461_deco.jpg

お肉もお野菜も食べ放題!
勿論、お酒も飲み放題で、実は5000円しないのですよ(^^)
ビックリです(*^^)

  17-02-06-01-18-53-347.jpg
 
その後、時間が多少あったので、移動。。。。
  DSC_4754.jpg

このスパークリングワインは、全部半額でして・・・1杯500円しなかったの♪
嬉しいですね(*^_^*)
おつまみは、チーズの盛り合わせと アヒージョ
  DSC_4756.jpg

アヒージョ
  DSC_4758.jpg

アヒージョのウンチクです。
美味しければ何でもいいのですが、きっと私も含めて、アヒージョの具を先に食べちゃいますよね。。。
でも、本場は、オイルにバケットをつけて食べるんですって。
アヒージョのメインはオイル、具は出汁を出すためのもの。
だそうです・・・・(笑)

すったもんだのあった ラムしゃぶ会でしたが、無事に美味しく頂けました。
いい勉強になったしね(^_^;)
言葉って、本当に難しいですね。
  

like | 【2017-02-13(Mon) 05:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(5)
マリーアントワネット展に行ってきました☆
先月の事(今更書く?)
薬膳のお友達と「マリーアントワネット展」に行ってきました。
昨年の秋からスタートしてて、前売り券を買っていたのです。そうしたら、他の方も行きたいとなったので、みんなで行ってきました。
ところが、当日になって、娘さんが風邪で熱を出したために急遽来れなくなった方が出て、3人での鑑賞。

とても見ごたえありました!
行ってよかった~~~~
場所は六本木ヒルズ 森美術館
  DSC_4643.jpg

  DSC_4644.jpg

かなりの数の美術品が飾られ、貴重な当時の衣装や実際にマリーアントワネットが使っていた陶器や小物も展示されていて、本当に素敵でした。

そして、当時を再現したプロジェクションマッピングの部屋があったり、
再現された部屋
こちらだけ、撮影OKでした♪
  DSC_4657.jpg

 DSC_4650.jpg

 DSC_4651.jpg

 17-02-01-12-02-13-138.jpg

マリーアントワネットは、薔薇が好きだったのですね。
お皿や器にも沢山、お花や薔薇が描かれてましたよ。

  DSC_4656.jpg

このミントグリーンも他に使われてるピンク、淡いブルー、どれも花にピッタリな色合いで、柔らかいイメージのものばかりでした。
レースの技術にシルクロードを思わせる絨毯、スフィンクスをモチーフにした置物。
そして、日本から贈られてたとされる扇形の小物ケース
あの時代は、華やかと同時に技術の発達に驚きでした。
花火をあげて、マリーアントワネットのための祝賀会など・・・・日本人はまだ侍の時代ですからね。
ギャップがありすぎますよ。

素敵な美術を堪能し、溜息まじりで、鑑賞を終えて、夕食を取りに移動。

  DSC_4658.jpg

泡で乾杯して、お魚から始まり、白子の天麩羅
  DSC_4660.jpg

下にあるのは、沢庵とマヨネーズを和えた?ソース
これが白子とピッタリで絶品でした!

そして、冬はこれですね、のっぺ汁
  DSC_4661.jpg

久しぶりに生ハムなんて出してもらって・・・
  DSC_4662.jpg

お肉は何がいいとリクエストを聞いてくれたので、今回は鴨をお願いしてました。
  DSC_4665.jpg

ソースがね~ 美味しいのです♡

すると、珍しく、ちょこっとこんなサービス
牛肉も。。。えへへ
  DSC_4663.jpg
しかも、ウニ乗せ! テンションあがりました。

パスタも雲丹ソース
  DSC_4666.jpg

デザートまで
  DSC_4668.jpg

チョコの塩気がいい感じ (マスター的には、もう少し塩を強くしたかったらしい)

余ったチケットも偶然、知り合いの常連様が一人でいらして、「マリーアントワネットなら、行く!」とチケットを買ってくださり、助かりました(*^_^*)
今回も美味しく頂き、ご馳走様です(^^)



like | 【2017-02-12(Sun) 05:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(6)
前のページ 次のページ