プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
いよいよ 煙台(エンタイ)へ 夜はパーティースタート
しばし、旅行日記にお付き合いを。
中国に行く前には、韓国伝統茶の講習、パークヨガ、他にも催しものが続いていたのですが、すべて旅行に行くまで準備に追われる日々を過ごしていたので、ブログまで手が回りませんでした。

さて、韓国を後に、いよいよ中国へという朝
街はひんやりとして気持ちよい空気。
街並みは通勤の方が行き交い、東京と似た空気を感じてました。
ユニクロ、H&M、スタバ・・・お店もありましたしね。

かと思えば、地元のお店も開店準備
  DSC_5317_201706081629320d5.jpg
これは、お菓子です。
お茶屋さんでも出された、ポピュラーなお菓子のようで、お祝い事にも出されるみたいですね。

しばらく散策して、さて、朝食どうしようとなり、候補はパンとコーヒーで軽くかお粥にするか。
前日、宮廷料理でヘビーだったため、お腹と相談。
まぁお昼には空港に行くので、パンになる可能性もあるので、せっかくだからと地元のお粥屋さんで決定。
実は、そこだけ私も韓国の事前情報でチェックしてました。ホテルの前に美味しいお粥屋さんがあるという口コミがあったのです。
という事もあり、朝食はお粥で決定。
  DSC_5360.jpg

注文は鮑粥
  DSC_5357.jpg
肝入りで、これで12000ウオンだったかな。日本円だと1200円。
この時のレートは、ゼロ一つ取ると同じくらいのレート。
日本で鮑粥なんていったら、こんな値段では頂けません。
お腹に優しく、美味しかったですよ~♪
黒いのは、黒豆、甘く煮たのではなく、塩辛いお味でした。
キムチはもういいかなと思いつつ、チャンジャ(蛸のキムチ)がついていたので、そちらは少しだけ頂きました。
美味しかったですね~~~

朝食をとってから、ホテルに戻り、荷造り→ チェックアウト → 空港までのバス待ちの時間に再度、韓国伝統茶のお勉強がてら、再度お茶屋さんへ。

  DSC_5364.jpg

静かな空間はお洒落なお茶屋さん
  P1020132.jpg

 P1020138.jpg
これは、十全茶 健康茶ですね。
松の実やクコの実などが入っていて、味は、薬膳!というイメージ通りの薬かな?と思うような苦味あり。

  DSC_5362.jpg
これは、オミジャ(五味茶) 
五味子が使われていて、人によって味が違うとされていて、その味のとらえ方で体調がわかると言われてます。
酸、苦、甘、辛、かん(ミネラル感)という五味があります。

私はモクレン茶
  P1020137.jpg
スッキリとした味で、モクレンの花が入ってるものでした。

お菓子も頼みました
  DSC_5361.jpg
緑のが、ヨモギのお餅、思ったより軽い感じ。
白いのもお餅のようですが、ふわっとしていて、蒸しパンとお餅の間くらいですかね。

韓国はよくヨモギを使うようです。
ヨモギは、女性ホルモンに凄くよくて、蒸したり、お茶にもしますし、デトックスの代表として使われます。

お店では、日本語も英語も通じなかったので、メニューを見ながら、何とか注文(笑)
雰囲気のよいオバ様が一人でいらして、グッズも可愛くて
  P1020136.jpg
今思えば、ここでお土産買えばよかったな・・・・
木のスプーンとかいいのがあったのですが、空港でもあるかもと思った私達は失敗でした。
初日に茶器を買った人がいたのですが、正解でしたね。

さぁいよいよ、シャトルバスで、今度は、ソウル仁川空港へ
高速を飛ばす、バス!!!
怖かった・・・・
  DSC_5370.jpg

仁川空港から、今度は中国 煙台(エンタイ)国際空港へ
韓国からだと1時間なんです。
羽田から韓国が2時間くらいなので、中国まではあっと言う間。
ただし、出国審査が厳しい・・・女性の審査官にボディーチェックもしっかりされ(笑)
化粧ポーチも「開けていいですか?」と言われ、、、ドキドキしながら、通過。

今回の飛行機は全てアシアナ航空でした。
羽田国際から韓国までもお料理出ましたが、その時、可愛らしいチューブのコチュジャンが出されました。
そして、韓国から中国までの1時間でも、ちゃんと軽いご飯が出ました。必ず、コチュジャン付
なので、このコチュジャンはお土産に持って帰りましたよ(*^^)
アシアナ航空は、お料理が美味しいと聞いていましたが、本当でした。どれも美味しかったですね♪

1時間のフライトはあっと言う間でしたが、ジャンボではないので、機体は小さめ。
CAさんが機体の真ん中くらいにシートを客席と反対方向で座る感じだったんです。
そして、ハプニング発生!

煙台空港へ着陸体勢に入って、もうすぐ滑走路かというくらいまで高度が下がってる時
突然、CAさんが二人、大きな声で「Stop!!! Have a seat!!!」と絶叫したんです。
何が起こったのかと思い、後ろを見ると、何と、オジサンがなぜか立ったらしく・・・
もうビックリ!!!
オジサン、座り直して、ベルトを装着してくれたから良かったものの、なぜに立ったのかしら?
この後、知るのですが、中国の方、せっかちです。気性が荒いです(覚悟はしてましたが)
あのまま暴れたりでもしたら、きっと着陸できず、タッチアンドゴーになってたかも。。。恐ろしい
後で聞いたのですが、その後も後ろの方で、機内から出る時に、韓国の方と中国の方が足を踏んだ踏まないでとっくみあいのケンカが発生してたとか。
本当に着陸出来て良かった・・・

まぁ無事に、煙台(エンタイ)国際空港へ到着
  DSC_5373_20170608163450ba2.jpg

中国に入ると上から、沢山の風力発電のための風車が見えました。
未知の国、初めまして チャイニーズ
ここから始まる 苦戦のトイレ事情の始まりでした。

これから韓国に行かれる方、中国へ行かれる方
ティッシュとウェットティッシュは大量にお持ちください。
特に女性の方は・・・・
煙台空港に到着して、まずはみんなトイレに向かいます。
空港は電気ついてないの?というくらい暗かったです。トイレは日本の半分以下くらいの暗さ。
そして、衝撃の始まり、空港のトイレと言えども、ペーパーありません。
水洗と思いきや、水は流れません。どうするかというと、掃除のおばさまが手を洗うところに立って、バケツに水を入れてます。
そうなんです、その掃除のオバちゃまが用を流してるのです。
国際空港でのお話です・・・

スーツケースを受け取ると友達を待っていてはいけません。
中国警察の方が「あっちに行って」と手で合図、ちょっと怖い・・・
やっと空港の出口に行くと、今回のグルマンに参加する各国の方を迎えに来てくれてるバスがあるらしく、通訳の女性が名簿で名前をチェックしてます。
私の名前もあって、良かった。
しかし、その送迎バスは最初「1時間待ってくれ」という話に???
飛行機の時間がわかってるのに、なぜに?と内心思うも、すぐに「後20分で来るそうです」と言われ、椅子に座るとなぜか「バスが来たそうです」と(笑)

ここで、またまた日本の方と合流
実は、今、かなり有名な イタリアン山形アル・ケッチャーノ 奥田シェフご一行と合流する事になってました。
日本料理家のMさんのご紹介で、この時から、ずっと奥田シェフとともに最終日までご一緒する事に。
ご挨拶を交わし、今回、奥田シェフには、山形テレビのクルーが密着取材で同行。
皆さまとご挨拶し、いざバスへ
ところが、甘くありません!
まぁ日本なら、空港の入り口にバスが止まりそうですが、バスのところまで、海外から来たメンバーは歩いて移動。
しかも、道をみんなでスーツケースをゴロゴロして歩いてると地元の方の車から思い切りクラクション鳴らされたり。
手荒い歓迎ですかね。

バスに荷物を乗せるのも、ゲストである私たち自らで・・・
そこは別の国の男性が私たち女性陣のスーツケースをバスに入れてくれて。
ちょっぴり嬉しい♡
さぁ 会場へ向かいます。バスで約40分くらいでしょうか
5車線道路をバスは走ってるのですが、中国は基本車線変更はクラクションで合図?
ウィンカーを出すという習慣はないようです。タクシーや他の車もどんどんクラクションで走ってます。
いいのかな? 高速と思われる道路に今度は犬まで歩いてます。
本当に中国に来たんだな~と実感しましたね。

ホテルは煙台ヒルトンです。
チェックインして、また驚く・・・・一緒に泊まりを申し込んでも階数は、みんなバラバラ
心細くなる。私は、後で、同じ仲間が同じフロアだと知りホッとしましたが。

部屋はとても綺麗で広い!
  DSC_5380.jpg
ダブルベッドでこれから3泊
こんな広いベッドで寝た事ないかも(笑)

 DSC_5408.jpg
バスタブは、ガラス張り
1人なので、別によいですが(笑)
シャワー室も別についてます
  DSC_5409.jpg

チェックインして、すぐに 夜のウェルカムパーティーが始まるというので、急いで着替えて
みんなで集合!
さぁ ウェルカムパーティーの始まりです。

歩いて会場に行けるのがヒルトン
他に、ペニンシュラやマンダリンがあるそうでしたが、ヒルトンが一番近かったようです。

会場へ向かう途中
  DSC_5385.jpg

後に頂く事になる、牛1頭丸焼き!
ビックリ~~~~

会場もほぼセッティング完了という感じでしょうか。
  P1020140.jpg

しばらくすると、各国の方もいらして、どんどん席が埋まっていき、
この大賞の主催である、リキュールで有名なコアントロー家のコアントローさんがご挨拶
  P1020142.jpg

通訳のこの女性
英語を中国に通訳するだけでなく、次の日からは、スペイン語の受賞の方もフランス語も中国語に通訳してました。
凄い才女です!

日本の方はなるべく近くにということで集まりました
  DSC_5396.jpg

イラストレーターのOさん、ケーキイッチのMさんもご一緒
実は、この2日後 ここに写ってる全員がグランプリを受賞することに。。。

ウェルカムパーティーのお食事
  DSC_5403.jpg
さきほどの牛さんですね。

 DSC_5404.jpg
ビールは常温です。
ワインも赤しかありません。
何ともキツイ飲み物の始まり・・・
ここから帰路の韓国まで、冷えた飲み物に会えなくなるのです。

ヒルトンと言えども、冷蔵庫は部屋にありますが、とにかく冷えない。
缶ビールはあれど、冷えてない。
ルームサービスもありません。
なかなか大変なホテル生活になりそううという予感

この日の夕飯はこの食事でおしまいです。
余興があったりしましたが、まぁそれなりで・・・色々ありまして。
そこそこにホテルへ引き上げます。
というのも、夜は凄く冷えて、風が冷たくて。
昼間との気温差が10度以上
すっかり身体が冷えました

お風呂につかって寝ようと思うのですが、お湯がどことなく土臭い
そうです。ホテルの水すら危険範囲
日本から水を1本持っていって良かった(^_^;)
そうして、色々ありすぎた 中国初日が終わりました。


| 【2017-06-08(Thu) 18:22:41】 | Trackback(-) | Comments:(6)
コメント

kohさん 今日は
中国ではビールを冷やすことは余りしません。
南の方に行きますと、とてもじゃないですよ。
煙台のワインは赤が基本ですから、kohさんにはつまらなかったでしょうね。
詳しいレポートを拝見し、色々と思い出したり、改めて知ったりしました。
2017-06-08 木 19:04:17 | URL | 相子 #- [ 編集]

こんにちは。

中国そんな感じなのですね。
全然知らなかったので 軽く驚きです。

素敵な授賞式 違う国でして欲しいですね?

韓国のお粥は美味しそうです。
お茶も身体に良さそうで 頂いてみたいです。

本当に無事に戻って来られてよかったです。
2017-06-09 金 11:00:44 | URL | mon tresor 2007 #- [ 編集]
相子さんへ

こんにちは。
> 中国ではビールを冷やすことは余りしません。

そうらしいですね。
後で知りました。
ただ、このような、世界の方がいらっしゃる場所でもそうなのかと驚きましたね。

> 煙台のワインは赤が基本ですから、kohさんにはつまらなかったでしょうね。
> 詳しいレポートを拝見し、色々と思い出したり、改めて知ったりしました。

だいぶ、煙台も進化してると2年前と皆さん比べられていて、私はただただ驚くばかりでした。
ずいぶんと建物も立ったと聞きましたね。

2017-06-09 金 16:54:18 | URL | koh #- [ 編集]
mon tresorさんへ

こんにちは。

> 中国そんな感じなのですね。
> 全然知らなかったので 軽く驚きです。

はい、私も驚きでした。
カルチャーショックが連日です(笑)
色々臨機応変に対応するしかありません!
日本人は、いつでもウェットティッシュかかせませんでした。

> 素敵な授賞式 違う国でして欲しいですね?
実は、主催のコアントロー氏の奥様が中国の方との事。
数年前まで、ヨーロッパで開催されたりしてたのですが、結局、スポンサーとしてお金を持ってるのが中国なのでしょう。
後2年はここ煙台でやると説明していました。
受賞者の中国の方はほぼ欠席。
場所をわかってるからでしょうか・・・・。

> 韓国のお粥は美味しそうです。
> お茶も身体に良さそうで 頂いてみたいです。

韓国は食べ物が良かったです。
鮑をこんなに食べたのは初めてですよ。
お茶も美味しく頂きました。

実は、韓国のおトイレ事情も中国に近いので・・・
水洗でトイレットペーバーを流せるのは、もしかして日本だけ?と思ってしまいました。

> 本当に無事に戻って来られてよかったです。

はい、途中、またミサイル発射のニュースが入ってきたので、大丈夫?と思ってテレビを見てしまいました。

2017-06-09 金 16:59:16 | URL | koh #- [ 編集]

こんばんは。

コメントの順序が前後してしまい
すみません。

地元のお店に売っているものを覗くのは
楽しいですよね。

お土産、わかります〜。
気に入ったものがあったときは
その時に買わないと必ず後悔することに
なるような。。。

豚の丸焼きではなく牛の丸焼きなのですね!

トイレ、そんな感じだったのですか。
中国は壁?隣との仕切りがないところもと
聞いたり、衝撃ですよね。
おばさんが流すのは初めてしりました。
ベトナムも紙は流せないところがあり
バケツに入れてました^^;
日本って、何につけても清潔で繊細で
素晴らしいわ〜とつくづく思えますよね^^
2017-06-17 土 23:16:38 | URL | shoko♪ #NUPN.0j6 [ 編集]
shokoさんへ

こんにちは
こちらこそ、遅い返事ですみません。

> 地元のお店に売っているものを覗くのは
> 楽しいですよね。
久しぶりの海外でしたので、どうしていいのかわからず、皆さんについて行っただけの私。

> お土産、わかります〜。
> 気に入ったものがあったときは
> その時に買わないと必ず後悔することに
> なるような。。。

戻れないので、その場での直感ですね(笑)

> 豚の丸焼きではなく牛の丸焼きなのですね!

中国では、一度の豚肉が出ませんでした。
世界の集まりなので、もしかして宗教を考慮してたのかもしれませんね。

> トイレ、そんな感じだったのですか。
> 中国は壁?隣との仕切りがないところもと
> 聞いたり、衝撃ですよね。
> おばさんが流すのは初めてしりました。

煙台の国際空港で、戻りの時のトイレはそうじゃなかったので、到着ロビーのところだけだったのかもしれません。

> ベトナムも紙は流せないところがあり
> バケツに入れてました^^;

もしかして、水洗でペーパーを流せるのは、日本だけなのでしょうか?
韓国もペーパーはホテル以外はバケツでしたよ。
トイレが世界一と言われるのは、わかる気がします(*^_^*)
2017-06-21 水 08:55:53 | URL | koh #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する