プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
サービス
「サービス」とはと
考えさせられた 番組の一つ

もうやってないけど、TBS 昼のドラマ(愛の劇場 現在はなくなりました) 30分番組

「温泉へ行こう」  ← シリーズ

旅館という場所の理想を追求していたと思うし、主人公の 加藤貴子さんの
おかみ”かおる”が、とっても明るくて、私は大好きだった

先代から受け継ぐ、お客様への配慮なり、好み、誕生日、嫌いなもの、お部屋への気配り
それは、あえて
お客さまから聞きだすようなものではなく、そっと観察してたことや
お客さまからの会話で心にとめ、メモし、記憶しておくことの大事

配慮

心配り

忘れないように、自分なりの工夫

同じ、料理や値段を払って、入るお店

何でもいいです

勿論、外食もそう、銀行、本屋、ホテル、美容院などなど
ありとあらゆる サービスって

凄く奥深くて、コレっていうのはないだろうけど、少なくとも
笑顔だけではなく
その店にあった提供方法が必ずあると思ってます

今までで、このサービスは嬉しいと思ったのは、いくつかあるけど
ちょっとしたことが、心に残っていたり
「わぁ 嬉しい」と思ったりできるものだ
そういうことがあると必ず、リピーターになれるもんね


偉そうに書いたけど

昨夜、シェフichiさんのお店の臨時アルバイトでお手伝いしてきました
何度かお手伝いしてますが、貸切のお客様へ どう対応するのがよかったのか
ご指導してもらいながら、粗相のないよう、それだけでいっぱいいっぱいでした

ワイン一つ サッと開けられなかったり、お客さまを待たせていないだろうか
会話の邪魔になってないだろうか
料理のお皿を下げるタイミングは大丈夫だったのだろうか
などなど、勉強になることが沢山ありました

数時間のお手伝いだったけど、帰宅途中の電車やバスの中で
やっぱり、この

「温泉へ行こう」という番組が提供していたことって、 ほんと 大きいよな~と個人的見解に
至ったのでした

帰宅すると

まったく関係ないけど

生協で頼んでいた ”靴下”が届いていた

 絶対、履きたいというより、絶対、見たい、そばにいてもらいたいと思って 購入

娘と3人で一つずつでもいいかなと思ったり

 いや~ こんなユニークな靴下   見てるだけで、ほんわか (笑)

さて、どれにしようかな?

靴下






未分類 | 【2009-05-14(Thu) 08:53:44】 | Trackback(-) | Comments:(4)
コメント

サービス業って本当に奥が深いですよね。
私も昔サービス業の会社にいたことがあるので、
お客さんが何をもとめているかを、
先回りして考えるように訓練されました。
3年で辞めてしまいましたが、
その時の経験は、それからの社会生活にもためになったな~と思っています。


ソックス可愛い~!
履くのがもったいないですが、
家ではいてたら、家族が笑顔になれそうですね。


2009-05-14 木 19:17:38 | URL | 玉ねぎアレルギー #- [ 編集]
そうでしたか。
サービス業も奥深いですね。って何の仕事でもそうですが・・・。
何も無駄なことってないんだろうと思ってます

ソックス クスっと笑えますよね
それだけでかわいくて。。。えへ
2009-05-15 金 08:48:50 | URL | koh #4A9T8td. [ 編集]

私はサービス業ではないけど、接客についてはかなり厳しいお店です。
ムッとする人もいるけど、こちらの対応次第で相手の態度も変わるので、臨機応変に感じのいい応対を心がけてます。
あとそういえば、待合室のイスに座っている方に話しかけるときは、必ず自分がしゃがんで、上から目線にならないように、自分が下から見上げるようにしていますね。
サービス心があれば、教わらなくても自然と体が動くんですよね。
kohさんも一生懸命お客様の気持ちを考えて動いていたので、きっとお客様にも伝わったと思いますよ。^^

この靴下、加藤茶とパパイヤ鈴木に見えるんですけど。。。あとは誰?(笑)
2009-05-15 金 20:11:15 | URL | mizutama #- [ 編集]
どの職業でもそうで、いえ、生活自体も人との関わりや接し方って、伝わるというか、それが主であると思いますよね
どんな相手でも、ちゃんと向き合ったり、気持ちを持てば通じるものがあるって、思います。
上からの目線で(態度も言葉も)言うのって、ほんとイヤですものね

私がバイトした時、お客様が美味しいワインを「彼女にあげて」とグラス1杯シェフichiさんに渡してくれたんです。
それだけで、とっても嬉しかったです

靴下 お茶のは・・・バカボン?(笑)
一応、それが私のになりました えへ
2009-05-17 日 03:08:07 | URL | koh #4A9T8td. [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。