プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
深呼吸
チョコとリーデル


いろんな考え方があって当然で

ブログの主旨とかも外れるか、外れないかも考え

でも、今日 私は普通にご飯を頂き、余震や携帯の地震予告の音にビクっとしつつ
”生きてる”

ブログを休むと思ったのは、下を向いてるのではなくて
冷静になりたかったからで

あまりに情報が多くて、要らないものをふりはらう時間が欲しかった

被災者へ何ができるかとか、自分が病気した時

友人は励ましのつもりだったのだろうけど、”励ます”ということ自体が相手を見下してると思ってます

被災者は「頑張って」なんて言葉は要らない
同情も要らない

テレビをつけると同じシーンの繰り返しや、涙を誘うような場面を探すような始末
娘達からどんどん笑顔が消えていきました

だから ツイッターでとりあげられた
「感動のこころのつぶやき」
それって、読んだ人の自己満足
感動してる自分に酔ってる 私はそう感じてました
被災者からしたら、そんなことを見てもらいたいなんて思ってないはず


バイトに行けない長女(計画停電で店が営業できず)
部活がなくなり、停電による塾の休講、時間を持て余す次女

私はいつものように生活に翻弄されてる

 私がいない間に 姉妹でカラオケに行ってるとメールがはいり 内心ほっとした

彼女達なりにストレスを発散してるなと感じたから

料理、ワインのブログをアップできてなかったのは、料理を作っても
たいした料理じゃなかったから(笑)

 お店に行き、ワインが減ったのは、そう地震で割れちゃったのね

そこへ リーデルのグラスとチョコを頂いた
 それを 非国民に思えるか?

いえいえ 私が目の前のものを頂き、感謝し生きることが
被災して亡くなった方へのリレーションシップだと感じてます

節電は勿論してますよ
でも、申し訳ないけど我が家は15年以上、ソーラーでの節電体制
今に始まったわけではない

光熱費もガス代は2000円いくかいかないかの程度

余震が怖くて、ちょっと料理が手抜きなだけなんで・・・・・(笑)

 逆に、地震が酷い、新潟の友人達から「大丈夫かよ」と連絡が来たり
名取市の被災者の友達も
「笑いながら、家族で生活してるよ」とメールが来たり

そして、一撃は

新潟の75歳の母の電話での会話

「これから出かけるから忙しいの、何? あんたの方も大変でしょ」

「福島から被災者が避難してきたけど、あまりの雪の多さに、ここじゃ暮らせない と移動したわよ」と

「衣料の支援物資の作業に行くから忙しいの、余震しょーがないじゃない、我慢しなさい、じゃあね」と電話切られた(笑)

中越地震の時、ほんとうに大変だった母の強さをあらためて感じた







*************************************************************

そして、一番 今発信したいのは
このブログです

辰巳拓郎さんのブログです

これが現実だとわかります

「地獄・・・・」 ここクリックしてね



未分類 | 【2011-03-21(Mon) 06:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(5)
コメント
なるほろ。励ましは見下しかあ。
確かに今被災者に「頑張れ」って言うのは酷です。
しかし、おばあさんはたくましいですなぁ~コレには参ったw

辰巳さんのブログですが、感想としては「やはりそうか」と。
今の政府では何も出来ないのでコレを心配していたんです。
これじゃあ福島の件も過敏になってしまいますよね。
しばらくは影響続くと思うんだよねいろんな意味で。
まあ終息までは年単位と見て間違いないわ。
だからじっくり腰据えていかんとね。
とりあえず一段落ついたら
真っ先に能無しの政治屋共を引きずり下ろす事が先決かなw

それにしてもkohさんトコソーラー発電の家だったのね・・・・(;´Д`)
オール電化っすか?進んでるぅ~~(・∀・)ニヤニヤ

2011-03-21 月 12:12:02 | URL | ニーゲム大戸木 #mQop/nM. [ 編集]
「地獄」も拝見させて頂きました。
お恥ずかしいですが 多少メディアに踊らされていた
自分もあって・・・・。

まだまだ 見えていない現実があるのだと。

娘も「もう テレビは観ていられない」と言ってました。
悲し過ぎると・・・。
ご姉妹で励まし合っていたのでしょうね。
少しホッとさせられますね。
2011-03-22 火 10:52:55 | URL | mon tresor #- [ 編集]
ニーゲムさんへ

中越地震の時も、今回の震災も、名取市の友人は堰をきったように、昨日メールが入ってきました。
その内容は、現状を知ってもらいたい
誰かに聞いてもらいたい
そんな風に私は読みました。
けして、暗くなく、悲しんでるというわけでもなく
むしろたくましく、被災者同士、できることをやってる様子に
息子さん達のボランティア活動、地域での食材の集め方など
具体的な内容でした

茨城の友人もまだまだライフラインが復旧してないとのことで
被災状況の内容が送られてきました

石巻に実家がある知人(マラソンを一緒に参加したメンバーです)も
実家が高台だったので、無事との連絡をもらいました

みんな強いんです
結束力があるというか、同じ痛みを共有してる分
団結してる感が伝わってきました

まだ我が家には自転車があるだけいい・・・
歩ける足があるからいい
ガソリンはまだ一度も補給してないから
自転車で、仕事に通ってると。

放射能の数値で言うなら、新潟の母の家の方が関東より高い
隣の県ですものね

風評被害だけは避けたいですね

あ! ちなみに我が家はオール電化ではなくて、もっと田舎なので
プロパンガスです あは
2011-03-22 火 10:57:44 | URL | koh #- [ 編集]
mon tresorさんへ

いえいえ、あれだけの報道の量やネットなどからしたら
仕方ないと思います

自分の生活もあるし、迷うのは当然ですよね

だから、私は一度、情報をシャットアウトしてみよう
何が今、自分にとって必要なのか
そして何からできるか それをずっと考えていました

備えあれば憂いなし
きっと阪神大震災を経験された mon tresorさんのことですから
想像できることは沢山あったと思います
これからお邪魔しようと思ってますが、お店をされてる方は
勿論、物を売り、流通をストップさせない
それも立派な力になれると私も思います。

私の母は、勿論、PCも携帯でメールもしない年よりです
そんな方がきっと現地も沢山いらっしゃることでしょう
まだまだ孤立して、情報が入ってこないのが現状だと思います

でもテレビでは「ツイッターで安否確認できます。サイトをご覧ください」とばかり言う
本当に被災者の現状でそれができる人はまだマシなんだと思います

苦しんでる方は、それどこかまだまだ電気も水も何もかもがないはず

友人もやっと親戚で一度だけお風呂に入れさせてもらえたとありました
職場が薬関係の仕事なので、自分が休めば被災者も困るから
自転車でなんとか乗り切ってると・・・・

津波から逃げた様子も詳しく書かれていて
それは恐ろしい体験が書いてありました

私も一緒の会社にいた事もあるので、仙台で研修の時にお世話になった課長さんの
奥さまも亡くなられたという内容もありました

阪神や中越の時と大きく違うのは、その場に家がなくなってる
全てが流されてしまってる
そして、これだけ社会はネットや携帯の世界になってるということ

そこへ追いうちの原発のこと

何十苦も重なってしまってるから、情報が先走っている感があって
混乱は仕方ない

もうすでに、「感動秘話を募集します」などというメディアがあり
腹が立ちました
今、それが必要なことでしょうか?

お涙ちょうだいで、番組構成するようなメディアを一旦消したいと自分で思いました

これからもこんな私ですが、宜しくね(*^^)v
2011-03-22 火 12:01:09 | URL | koh #- [ 編集]
今回の震災をとおして
マスコミはもはやその要を
なしていないと
つくづく感じさせられました
同じくです

被災なされた方々と地域と
早い復興を願いますが
やはり強いリーダーシップを
発揮できる方が必要だと
切に願います

お知り合いの方々
ご無事で
本当によかった!!
2011-03-22 火 12:31:34 | URL | ガメイ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する