プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
今年もありがとうございました 2016年
今年最後の投稿です。
色々あった一年。目標とした 薬膳インストラクターの資格も取れて、人との関わりやこれからの事を考える1年となりました。
来年の自分がどうなってるかはわかりませんが、出会いや繋がりの大切な事も学びました。
もっともっと自分に厳しく頑張らないといけないと反省ばかり。

ここで皆さんとやりとりして、反省もあり、楽しい事もあり。
本当にありがとうございました。

  DSC_4225.jpg

年末の大事な時に風邪をひいてしまい、喉の痛みと付き合いながら病院へ行くという情けない自分で終わる2016年
そんな中で作るお節の一部
明日は、雪少ない新潟へ帰省いたします。

田作りは、薬膳の先生に教えてもらった 山椒をふりかけての味付けに。
  57-43-267.jpg

つまみ食いしてたら、少なくなって実家に持っていく量が減ったので、追加で作りました(笑)

新しい年まで残り少なくなりました。
どうぞ皆様によいお年が来ますように。
本当に今年一年ありがとうございました。


like | 【2016-12-30(Fri) 18:00:21】 | Trackback(-) | Comments:(6)
ブリザーブドフラワー教室と正月コーディネートレッスン
今年も残り少なくなりました。
お節の準備も少し始めてますが、クリスマス→ 正月へのシフトが心ついていけず(笑)

さて、少し前の事ですが、
クリスマスブリザーブドフラワー教室のレポです。
  21-39-953.jpg

今年はろうそくを使っての作品
実は、私は作成する予定なかったのです・・・ところが、参加する方が遅くなるというので、私が代役で作成することに。
すみません(^_^;)

  DSC_4376.jpg

  DSC_4375.jpg

これで気にいってもらえたのかしら?
毎回ランチつきです。 今回のランチは・・・
  16-07-18-33-157.jpg

パスタはカルボナーラ
リンゴとパイ生地で食べるとリンゴパイ

ブリザの先生の作品が冊子に掲載されました。
  DSC_4381.jpg

彼女は、お子さんの保育園が決まったので、現在仕事復帰したばかり
フレックスで働きながら、お花の教室も定期的に開催予定です。

<番外編>
この頃、毎年作る リンゴケーキを作ってました
記事にする時間なく・・・

  16-21-57-28-628.jpg

いつもリンゴを頂くシーズンに作ります。
  DSC_4368.jpg

焼く前の状態。
最後にシナモンシュガーをかけて焼いてます。
これは毎年好評♪

話は戻りまして
12月初旬には、IKEAの食材を使ったの、お正月コーディネートレッスンも行ってました。

  DSC_4210.jpg

こちらに並べてるものは、一切火を使ってません
人参ラペもIKEAにあるドレッシングであえただけ・・・
  DSC_4216.jpg

洋と和を組み合わせて、お正月を演出
  DSC_4227.jpg

キャビアに見えるのも別物です(笑)

和紙を使って コーディネートしてあります
  DSC_4228.jpg

さて、大掃除も一段落です。


like | 【2016-12-29(Thu) 18:02:28】 | Trackback(-) | Comments:(6)
2016 Merry Christmas
今年のクリスマスは、曜日が週末と重なり、良かった人、そうでなかった人、色々だったのでしょうね。
我が家は、23日になんとなくクリスマスっぽく・・・
次女のバイトなどの時間もあり、早めに帰って来れそうな日にしました。

今年は、ケーキを作りました!
22日にブッシュ・ド・ノエルを教えてもらって作ってきました。
詳しくは後ほど。

  1621-06-06-757.jpg

今年の料理は、ホワイトビーフストロガノフ
これ、ある方のつくれぼです →  decoちゃんのレシピです。

そして、作ってきた ケーキはこちら
  1621-00-58-850.jpg

人生初のブッシュ・ド・ノエル(笑)
まぁ初めてにしては上出来かな? と自分に甘い・・・
豆に見えるのは、ピスタチオです。 飴にピスタチオを混ぜて固めて割ったものをトッピングしてあります。
これが美味しい~~~~

中のチョコクリームは、渋皮煮の栗とフランス産のマーマレードを潰したのを入れてます。
ブッシュ・ド・ノエルは、作ったその日より一日置いた日の方がシロップやクリームが馴染んで美味しいですよと教えてもらいました。

お料理は、ビーフストロガノフとポテトサラダ
食後はケーキ これでお腹も十分
次女はクリスマスの間、バイト先でケーキを売っていて、この日もクリームが売り物にならないというケーキをホールで持ち帰り、我が家はケーキの消費が大変で(笑)
この日はさすがに「お母さんのケーキが食べたい」と言ってもらえたので、ちゃんと食べましたよ(^^)

ホワイトビーフストロガノフも、見た目よりさっぱりとしたお味で美味しく頂きました。
ありがとうdecoちゃん(*^^)

  16-21-00-18-264.jpg

******************************************
ケーキ作成の日の事

フランスに精通してらっしゃるお料理家さんに教えてもらいました。
昨年、薬膳繋がりで紹介してもらったイベントで知り合い、今年も1ヶ月フランスのバスク地方に行かれてた方です。
ご自宅で教室を開かれてます。
初めて参加してきました。

まずは、トッピングの準備など・・・
  DSC_4412.jpg

お教室では、フランス語講座も開かれていて、ソムリエの資格もお持ちの方なんです(^^)

ランチ付でしたので、先にランチを頂いてから、ケーキを作りました。
前菜は、春菊と胡桃のサラダやインゲンのピクルスにパテ
春菊のサラダには、バルサミコ酢をかけてあります。
  DSC_4414.jpg

メーンは、鶏肉のハニーマスタード煮
  DSC_4415.jpg

軽めのランチをしてから いざ、ケーキ作り
あらかじめ、先生が土台を作っておいてくれたのからスタート
自分でケーキに巻く餡を作って、生クリームも作り 冷蔵庫で寝かせ完成へ
その間、先生がデモで作ったケーキを試食します。
  DSC_4423.jpg

見た目より、軽めなので、あっと言う間に食べてしまいました(*^^)

私の作品
  P1010460.jpg

サンタの格好をしたキコリがキモ可愛い(笑)
ブッシュ・ド・ノエルなので、木の切り株に見えるよう クリームを塗りますが、どうかな???(笑)

<雑談>
この日、ケーキを作成した場所と長女が引っ越しした家が同じ方面で、長女がインフルエンザにかかったとわかった次の日だったので、一応心配で顔出してきました。
マスクして完全防備!
欲しいものを聞いて、飲み物などを持って行きました。
ピスタチオの飴をおすそ分けで食べてもらうと「美味しい」と言ってくれたので、食欲があるのなら安心と思いましたけど。

そんなこんなのクリスマスとなりました。

私は、24日のクリスマスイブはバイトが入っていたので、お仕事
次女もバイトでケーキを売っておりいました(^_^;)


イベント | 【2016-12-26(Mon) 18:01:39】 | Trackback(-) | Comments:(6)
「ゴッホとゴーギャン展」 からの 初呑みへ
世間はクリスマスですね。 Merry Christmas
我が家もお休みの日に、一足早くクリスマスもどきをしましたが、その前に・・・。

長女が家から独立して、1週間。
残ってた荷物を取りに来まして、そのまま夕飯だけ食べて戻った日がありました。
その時、帰るなり 正座して、「お母さんの大変さがわかりました」と一言 感謝の言葉をもらいました。
それが 私のクリスマスプレゼントかな? 本当にわかってるのだろうか・・・疑問符(笑)

そんな長女と一緒に美術鑑賞へ。
次女も誘ったのですが、次女は興味なしらしいので・・・(笑)

「ゴッホとゴーギャン展」
最終日に行ったので、どれだけ並ぶか覚悟してましたが、以外とすんなり入れました。
チケットは前売りで買っておりました。

  DSC_4394.jpg

  DSC_4395.jpg

中は撮影禁止でしたから入り口だけ。。。
(デトロイトは撮影OKなので、行きたいのです)

長女が初めて ゴッホと出会ったのが、幼稚園の時
日本に「ひまわり」が買い取られ、新宿で見れるようになった後、亡き父と私と母と長女を連れて見に行きました。
その後、小さい次女も連れて、今度は ひまわり三部作も見に行きましたね。

私の父から長女にクリスマスプレゼントされたのが
「あーとぶっく シリーズ」
ゴッホは「ぐるぐる・・・・」と覚えてました。
今回、その ”ぐるぐる・・・・”を実感!
とても、いい展示でした。感動・・・・ゴーギャンの「ひまわり」が二人の関係を象徴していて、作風の違いにも繋がってるのも非常に興味深かったです。
さすが、最終日は混み合ってましたが、行って良かったです♪

夕方、次女と合流して、赤羽「佐藤商店」へ
次女が20歳になって、3人でお酒を飲むのは初めて。

次女は少し長女より飲めるタイプ(笑)
  DSC_4398.jpg

焼き鳥が美味しので、色々頼みました。
  08-01-530.jpg

特に、ここのつくねは大好き(^_^)
  16-51-344.jpg
タレと塩で。

揚げ出し豆腐もボリューミー
  16-12-08-19-653.jpg

次女のリクエストで 馬刺し(桜ユッケ)
  16-8-35-739.jpg

3人で加工アプリのsnowで動画を撮影したり、楽しんだり(笑)
そして、この次の日、、、、次女は溶連菌に・・・その二日後に長女はインフルに。
まったく(T_T)

そして、何とかみんなクリスマスまでには復活して、バイトに仕事にそれぞれ復帰致しました。

3人呑みの記念日となりましたマル



like | 【2016-12-25(Sun) 16:06:03】 | Trackback(-) | Comments:(4)
色々紹介したいのです! 薬膳もお友達も♪
話がまとまらないので、思いつきで書かせてもらいます(笑)

12月になり、寒い日、突然暖かい日、体調がついていけませんね。
我が家はというと(どうでもいい)
次女が溶連菌にかかりました。喉痛そう・・・・で、長女から「インフルかかった」と連絡。
しかも、長女だけインフルの予防接種をしてたのに、その長女が罹って私と次女は予防接種してない。
だから、今年も私は予防接種しない(笑)
長女は、一人暮らしを始めてからの初めての病気、運よくすぐに薬も手に入り、OS-1や食べ物を用意してたらしく後はおとなしく寝るのみ状態で一安心。皆さんも気を付けてください!
そういう私も喉が痛くて、病院へ・・・・溶連菌はうつってなかったから良かった~(^_^)

12月に入って、仕事もやっと一段落したところで、色々ご紹介。
薬膳の先生が12月のNHK Eテレで毎週出る事になりまして。
身体の冷え解消を目的とした「温活」レシピを紹介してます。
毎週月曜 Eテレ 9:30~ 
番組情報  「趣味どきっ!」

テキストも発売されてます
  DSC_4411.jpg

この番組の冒頭、なんと、私の先輩がいる表参道の高級リストランテ 「エトゥルスキ」が画像として出るのです!
イメージ画像のようですが、ビックリ!!!
そちらで、紹介されてる お料理を作ってみました。
  11-31-55-168.jpg

鶏肉とハトムギ、白木耳のスープです。
冬のかさつき防止のための潤い&温めを目的としたスープです。

この日は、少し 薬膳を意識したメニュー
というのも一人夕飯だったので。。。
我が家で不人気な 春菊と柿の組み合わせ。
絶対、娘は食べない・・・じゃあ、一人の時ならば(笑)

  16-20-37-40-803.jpg

春菊のサラダ、胡桃を刻んだものと柿を組み合わせてみました。
やたら薬膳仲間が春菊のサラダを作ってるのを知って、私も~~~~と作ってみたのです。
柿はあまり好きなものではないけど、料理にすると食べれる!
フルーツを料理にするのは、大嫌いな私がなぜか柿は料理の方が好き、勝手ですね(^_^;)
ドレッシングは黒酢ベースで。

さらに、お歳暮で西京漬けを頂きまして、mon tresorさんが西京味噌を再利用したというお話を聞いて、私もやってみました。
銀だら(ムツ)と赤魚を漬けていたので、この日は銀だらを焼いて。
  16-12-16-11-56-34-468_deco.jpg

他の日は、マグロとニラのユッケ風
  15-11-32-32-107.jpg

マグロも身体を温めます。
マグロは血を補い、貧血や動脈硬化などにもよいとされ、血栓防止、老化防止にもよいとされてます。
ニラも温め効果によい食材です。
そこに、更に「温」によい、胡桃を入れてみました。
胡桃は足、腰の冷えによいとされてます。

冬は「腎」 腰あたりを養生しましょうという事ですね(^^)

そして!!!
ブロ友でもある、ぱおちゃんがレシピ本を出版しました(*^_^*)

  DSC_4357.jpg

私は本屋で買ったのですが、こんな感じで平積みされてました(^_^)/
  DSC_4355.jpg

凄いな~~~~
作りたいお料理は沢山あって、まだ作れてないのも、以前作ったのもあったので、ぜひぜひ活用したいと思います。



薬膳 | 【2016-12-21(Wed) 18:48:17】 | Trackback(-) | Comments:(6)
中華deクリスマスパーティー
師走となるとやはり行事が立て込んできますね。
昨年も参加しました、薬膳教室のクリスマスパーティーに参加してきました。

先生のところに行く時、ほぼ全部雨という快挙を続けてきた私(;д;)
でも、この日はとてもよいお天気でした。
  DSC_4315.jpg

赤羽橋から見える 東京タワーはやはり圧巻です。

クリスマスパーティーが開催される場所は、「陽明殿」
プリンスパークタワー東京にあります。

クリスマスパーティーは、ドレスコードがあり、昨年は「青」でしたが、今年は「ゴールド」・・・難しい(>_<)
でも、色々考えた結果、ゴールドの刺繍が入ったドレスを選択。
皆さんには好評でした、、、生地が帯のイメージの和テイストっぽかったからでしょうか???
他に、皆さん、着物の生地をドレスにした方もいて、それぞれ個性的で楽しかったです♪

会場は、今年もツリーが。
  DSC_4316.jpg

貸切ですので、和やかな雰囲気で今年もパーティーが始まりました。
  DSC_4322.jpg

薬膳の先生、真ん中は「陽明殿」の壁谷料理長、右はプリンスホテル 東京エリアエグゼブティブシェフ 内藤パティシエです。

内藤パティシエは、東京にあるプリンスホテル全部のトップになった方、凄いんです!
お土産は、この内藤シェフの シュトーレンとリンゴのリングパンも頂きました。
チョー 美味しかった♪
あっという間に無くなってしまって・・・・(笑)
ちゃんと、画像撮っておけばよかった(^_^;)
シュトーレンは勿論、まだまだありますが、すでにカットしちゃってて。

(※ 画像は、陽明殿さんから「どんどんSNSなどにアップしてください!撮影自由ですので」との事でお許し出ています)

さて、お料理です
  DSC_4326.jpg

グラスに入ってるのは、フカヒレ入りのムース
お料理は、薬膳を取り入れた、先生と「陽明殿」とのコラボです。
他にも沢山 豪華料理があったのですが、おしゃべりが忙しくて、撮影をあまりしてない(>_<)

今年は、「陽明殿」さんのサプライズプレゼントとして、3品が登場!
実は、こちらは、7月に「ぐるナイ」の”ゴチになります”で本当に出したお料理です。

  DSC_4329.jpg

ふかひれの姿煮
ふるまってくださる、壁谷料理長はクリスマスの帽子で(^^)
  DSC_4330.jpg

ラムチョップ
  DSC_4333.jpg

白身魚の豆板醤炒め
  DSC_4335.jpg

やっぱり美味しい! フカヒレ~~~
  DSC_4336.jpg

こちらの茶碗蒸しも絶品でしたね。
  DSC_4339.jpg

まだまだサプライズはありましたよ♪
こんな 内藤シェフのサンタ仮装も貴重もの(笑)
  DSC_4344.jpg

内藤パティシエからのクリスマスケーキ☆
  DSC_4346.jpg

この頃は、お腹いっぱいで、みんながフーフー言ってました(笑)
他にもたくさんスイーツもあって・・・・
  DSC_4341.jpg

他にもハンドマッサージや肩のマッサージなどもしてもらえるブースもあって、しばしリラックス(^^)

あっと言う間に、時間は過ぎ・・・沢山のお土産も頂いて、お開きとなりました。
何人かは、二次会のカラオケに行ってましたが、私は帰宅。

すると

これが届いてました♪
  DSC_4350.jpg

何とか、無事 合格でした!
一安心。
今年の目標だったことは成し遂げれてよかった~~~
一緒に受験したメンバーもみんな合格だったようで、みんなで安堵でしたね。
いい仲間と出会えて 本当に良かったです(^^)
来年は、またステップアップ予定なので、頑張ろうと思います!
  

薬膳 | 【2016-12-12(Mon) 17:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(10)
年中行事マラソン大会の巻き
毎年恒例になってるマラソン大会に出て来ました。
しかし、今年は距離が・・・・短い・・・・
今まで、申込みが9月だったので油断してました。なんと!今年は8月のお盆に申し込みが開始してたんです・・・。
気づいた時は遅かった。人気なので、市民優先も終わり、一般申込みは2日目くらいで定員になっていました。
ああああ、友人とどうしようかと話した結果、せっかく今まで続けてきたので、短い距離でも参加しようとなりまして。

距離が短いので、練習は通常より軽めで・・・
毎年、皇居周りが気持ちよいので。
  DSC_4287.jpg

丸の内もやっぱり気持ちよいです。
  DSC_4292.jpg

大会前日、5キロを走って、当日
割と足が軽く感じてたのと気温も丁度よく、無事に完走&今までよりタイムアップ???
3キロで、20分は切っていたので、まぁまぁ満足。
今年の招待選手は、先日の女子実業団駅伝も参加してた 渋井陽子さんでしたが、走りを見られず。。。
残念(^_^;)
娘もまさかの二人で応援に来てくれていて・・・・パシャリ♪
  1480815922319.jpg

実は、長女が引っ越す事になっているので、一緒にいられる週末がこの日がラストでした。

無事、完走して、今年の締めくくり行事が終わりました!

そして、こっちがメーン?(笑)
夜は美味しいお酒とお料理♪

  16-12-05-00-07-24-781.jpg

丸の内のイルミネーションが始まってます。
そこで、偶然、モエシャンの屋台が・・・・うふ♪
マラソン完走のお祝いだ~~~~~
  DSC_4306.jpg

先日の高級シャンパンを頂いた後だったので、贅沢ながら、モエがなんか普通に感じてました。
失礼・・・でも、ちゃんとシャンパンのいい細かい気泡を見ながら、美味しいと(^^)
そこは、さすがモエ♡

イルミネーションも楽しみましたよ♪
  DSC_4302.jpg

イルミネーションのところには、おかしな人も集まるようですよ
ランボルギーニの集団が・・・爆音で集合してたり。
  DSC_4309.jpg

この日だけは、思い切りビールや焼肉、ホルモン、お好み焼き(粉もの)をしっかり頂きました(笑)
マラソン大会まで、多少食べ物をセーブしてました。
夜の炭水化物は極力減らしたり・・・・なので、この日ばかりは思い切り、食べたいものを頂きました(*^^)
これがたまらなくて、毎年頑張ったりするよのね~。
おバカですね(笑)

東京駅はやっぱり綺麗です
  DSC_4313.jpg

有楽町だって、負けてない(笑)
  DSC_4301.jpg

この日は、食事の後、映画を観ました。

「ブルゴーニュで会いましょう」
映画はこちらです。
ブルゴーニュワインの農家の話です。でも、全体的にヒューマンドラマ????ラブストーリ?
ロマネコンティの部分がもっとあれば良かったのにな~
場所は、ボーヌロマネ、ニュイでしたね。

こうして、今年のスポーツ行事も終わりました。
やっぱり参加して良かった\(^o^)/

※**********************************************

このマラソン大会のために、練習の後に、時々スーパー銭湯に汗を流しに行ってました。
割引チケットもたまって、半額になるので、使おうと思って走り終えて、銭湯へ。
すると!
お風呂からあがると、あの方がいて  「あの方」(笑)
チョー ビックリしました(^^)
これで、裸の付き合いね(笑)


スポーツ | 【2016-12-09(Fri) 10:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(8)
魅惑の花園 バースデーヴィンテージワイン会
今回のテーマは「バースデーヴィンテージ」
参加者の生まれ年のワインによる、ワイン会でした。
変態の集まり、やかましい集団とも言われてます。
ワインラヴァーなメンツだけで、あーだこーだというので、他のお客様に大変迷惑な話。
ですので、お店がお休みの日を選んで、マスターに無理言って貸切で開催しています。

お店にあるブルゴーニュグラスと白グラス
ありったけ出してもらいます。
  DSC_4229.jpg  

今回、メンバー全員集まる事ができませんでしたのが残念。
前回も実はそうだったので、次回こそ、全員参加になれますよう。。。

バースデーヴィンテージとなると、提供してくださったYさんが一番年長なのですが、そこは紳士。
私達、他のメンバー分を用意してくださるという素敵な企画。
ただ、そのメンバーの中で一番の 古酒は、実は、 わ・た・し(笑)
私のヴィンテージワインとなると、ボルドーくらいしかないでしょう・・・・ですが、あまりに古酒ですので、数十万するかないかという世界(笑)
なので、コニャックが登場する予定でした。過去形
残念ながら、持ち主が仕事場に忘れてくるというオチがあり、私と同じ年の古酒に出会えず・・・
またの機会に・・・・(>_<)

さて、今回、女子グループで用意したのは、シャンパン。
古酒に負けない、ラインナップとしました。
ちょっと(いえ、かなり奮発?)

まずは
「ルイ ロデレール ブリュット ナチュール フィリップ スタルクモデル 2006」
10年もののシャンパンです。
  DSC_4234.jpg

ちょっとウンチクを書きますと、シャンパンにはドサージュ(補糖)というのをするのですが、こちらの造り手、フィリップ・スタルク氏は、ドサージュなしのシャンパーニュしか飲まないという信念のもと作られたシャンパンだそうです。
ピノノワール65%、シャルドネ35%
200年に渡って、家族経営されてきた ルイ・ロデレール
お初にお目にかかれまして、ありがとうございます。
色は黄色が強め、香りがとにかく余韻が長く、いつまでも、鼻に口に香りが残ってて、ビックリするほど芳醇でした。
10年経ってるにも関わらず、まだ若いと感じてしまったところが、凄いというかビックリしましたね。

次は
「フィリポナ クロ・デ・ゴワセ  2005 」
  DSC_4235.jpg

この2本は、「死ぬまでに飲みたい50本のシャンパン」に入ってます。
ゴワセは、確かランキング1位になったとか・・・。
ルイ・ロデレールは、ドサージュしてないのに対して、このゴワセはドサージュ(補糖)してます。
後で知ったのですが、そのドサージュにどのくらい糖を入れてるか表記してるのだそうで。
珍しいです!
ピノノワールとシャルドネの比率は、1本目のルイ・ロデレールと一緒の飲み比べ。

【補足】
マニアックな補足を。
ワインを製造する工程に、後発酵(マロラティック発酵)というのをするのですが、この”ゴワセ”は、このマロラティック発酵をしてないというのです。 補糖(ドサージュ)をしてないのを「ノンドサ」と言うのに対して、マロラティク発酵をしてない事を「ノンマロ」というそうで・・・(スクール講師談)
この言葉を知ってると、かなりのマニア通っぽくて(笑)
ワインって、本当に奥が深く、面白いですね(^^)

  DSC_4237.jpg

ゴワセの方が、個人的には好み。
勿論、高いので、買えるかというと無理だろうな~と思う値段ですが、香りの変化や最初の飲み口や泡の感じとか。
貴婦人。なんとも高貴。
「ゴワセ」というフランス語は、「急斜面」という意味で、このシャンパンは、山の上の方で、ピノノワール種を、斜面の下の方でシャルドネを栽培してるという畑なんだそうです。
ご一緒した 某ワインスクールの先生がおっしゃってました(勉強、勉強)

値段の高いワインやシャンパンは沢山あります。
でも、この会は、ただ高いワインを飲むとかそういう会ではなくて、本当にワインを愛するメンバーなので、造り手の思いを考えながら、想像しながらワインを頂く仲間に出会えたことに感謝。
これもワインだからこそなのかな。。。
もう一つ言うなら、シャンパンを開ける時、本来は音を立ててコルクを抜いてはいけません。
振動が無い方がよいのです。シャンパン(スパークリング)をポン!と開けるのが当たり前に思われてますが、いいシャンパンほど音はNG!
今回、マスターが初めて、音を立てずに抜栓してるのを見ました。
すごいな~。

話ながーーーーー

で、次はバースデーヴィンテージワインを楽しみます。
ここに出てくるヴィンテージの数字生まれがメンツの一部(笑)

「ルモワスネ サントネイ・1er ・レ・グラヴィエール 1976」
  DSC_4238.jpg

76年、40年前のワイン・・・彼女が今回参加した中で一番若い方
色は少し赤から茶と煉瓦に変化して、香りは熟女にはなりたくないと抵抗してるような。。。
今回、ワインが参加者の象徴ですので、皆さんコメントに苦労されて・・・
下手な事言えやしない(笑)

すぐにもう1本の赤も抜栓します。
「ルモワスネ シャンボール・ミュジニー 1967」

   DSC_4239.jpg

率直な感想としては、この'67の方が若く、強く感じました。
なんという恐ろしさ!
実際に参加した、'67年生まれの彼女は元気です。香りの変化、力強さ。
リコクルされたようですが、割れてしまいました。

赤2本のコルクの違い わかりますかね?
  DSC_4244.jpg

おっと、お料理だって、忘れてはいけません。
  DSC_4236.jpg

牡蠣のグラタンなんですが、ほんのりピンクが見えますか?
なぜか?という問いにマスターのお返事は、
「下に チコリを敷きました」 チコリに火を通すと赤くなるのですね!
食感もシャキシャキというより、柔らかなお芋系のような香りと食感。不思議~
ワインと牡蠣は合わないと言ってた Y氏でしたが、これは合う!と言っておられました。

他にも こちら フォアグラ
シャンパンの後半からでも、しっかり合う食材でしたが、残り半分は、後で出てくるソーテルヌのために、皆さん残しておきました。
  DSC_4241.jpg 

赤ワインには、鴨
  DSC_4242.jpg
  
リンゴがこういう時に合うとは思いませんでしたね
(私、食事に入る フルーツに抵抗ある人なのです)

そして、トリをおさめるのは、
「シャトー・ドワジ・ヴェドリーヌ(バルザック) 1970」  
  DSC_4253.jpg

色は 琥珀
  DSC_4248.jpg

このコルクは、割れてしまい・・・
  DSC_4246.jpg

どうやって、開けたかというと
初めてみました!
  DSC_4247.jpg

こし器みたいなのがあるのですね!
  DSC_4245.jpg

デキャンタにうつして頂いて。
こういう光景は珍しいので、みんなで撮影♪

もう、このバルサックの官能的な香りと言ったら。どう表現しましょう。
甘さがこんなにもスッキリしてて、70年からの月日をこの1本はどう過ごしてきたのでしょう。
造り手さんから、保存状態、扱ってくださった方達の丁寧な思い。
ハチミツとミネラル感と、芳醇な香りと・・・感動の1本。

ソーテルヌとフォアグラとのマリアージュは、最高でした!
Yさん、こっそり、リンゴを残していたのです。 ああ、私も残しておけばよかった(>_<)

このメンバーでこの本数では、足りず
〆は、 お店から

「マデラワイン」
  DSC_4255.jpg

こちらは、チーズがとてもあいました。
私は赤ワインとチーズというのが、あまり好きではありません。
やっぱり、甘いのとチーズだよ~~~~と実感!

チーズも勉強したいわ・・・・と、思った瞬間(^^ゞ

今回も感動のワインに出会えたこと、ありがとうございます。
年内最後となったワイン会、次回のお題も決まり、来年の日程調整しつつ お開きとなりました。

  DSC_4230.jpg


ワイン | 【2016-12-01(Thu) 13:30:00】 | Trackback(-) | Comments:(6)