プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
親子講演会・・・それぞれ
久しぶりの更新です。

美味しいお店にも連れていってもらったりもしたけど、画像がないので
ご紹介は今回は断念(^^ゞ

お料理ネタではないです。

先日、次女の学校に「吉田沙保里選手」と「栄監督」が講演に来てくれました。
昨日、国民栄誉賞が決まりましたね。
本当におめでとうございます☆

講演に参加出来たのは、生徒のみでした(^^ゞ
保護者は別の講演だったのよ~~~

会いたかったな・・・・いいな、いいなと娘に話してました。

吉田選手はイケメン好きで有名だったので、MCの生徒はイケメン男子という条件で募集されました(*^_^*)
進行担当の先生が次女の担任という事もあり、質問する生徒集めや色々準備に追われていたようでした。

次女の話だと

「栄監督がものすごく面白かった~♪」と一言

生徒が「吉田選手に質問です」と言っても、栄監督が答えてばかりで笑いで包まれていたそうです。

吉田選手は、小柄で身長も156cmくらいで次女よりも10cmも低いので
「小さかったな~」と言ってました。

高校生らしいお願いもあり、女子生徒が
「お姫様だっこをしてもらいたいです」というリクエストにすかさず、栄監督が出てきて、笑いを取ったりしながら生徒を吉田選手が抱っこしてくれたそうです。

忙しい中、本当にいい体験をさせてもらって、羨ましい限りです。

これからも日本のために、そして何より吉田選手ご自身のためにも怪我なく頑張ってもらいたいです。
応援していきたいですね。

その同じ時刻、保護者はというと

元文化放送アナウンサー 梶原しげる氏の講演会がありました。

 梶原しげるオフィシャルサイト

「ひっかかる日本語」という著書に基づいての講演会でした。

さすが、アナウンサーです、お話しも楽しく、クイズ形式で、先日発表された現代日本語の話などを問題にしながら、進行されていきました。

以前は若い人しか使わなかった日本語がどんどん進化して、国語辞書に当たり前のように意味が載るようになっていく経緯など、etc・・・・。
梶原しげる氏は今は、日本語検定の審査員でもあります。

フリーになられてから、大学院に進み、現在講師なども行ってるのです。

私も凄く気になってた言葉の一つが

最近は、当たり前になってる店員さんの相槌の「そうなんですね~」
以前は「そうなんですか? ・・・・お客様なら、こうなんではないですか?」という感じで話に膨らみが出来たものですが、今は全て肯定的返事になってしまうので、こちらが謙遜して

「いや~私なんて、高級な物なんて持ってないですよ」と言っても、

店員さん「そうなんですね」 =貴方はその程度のレベルですとあっさり認められちゃう(笑)

などなど、興味深いお話しが沢山ありました。

また、ある親子の会話から、

”ありがとう”の反対語は? という問いかけもありました。

私も即答出来ませんでした。

 ”有難う”の反対????

答えは ”当たり前” だそうです。

”ありがたい”事は、この世界の中でちょっとした偶然や出会いや経験などの積み重ねで感じる事であり、たまたま、相手に感謝をしたい出来ごとがあったり、嬉しかったりする時

「有難い」と思う

だから、その反対は 「当たり前」なんだそうです。

 ふむふむ

そうだよね、ありがとう と言いたくなる時って、やっぱり色んな事が重なって、そういう出来ごとが発生してる時に思うものかもしれない。

90分の講演はあっという間に過ぎ、メールはどうも批判されがちだけれど、印象的なメールの一つを紹介してくださり、皆目がしらを熱くする思いで聞きました。

メールの良さも今はツールの一つであると同時に、言葉が無機質にならないように伝えて行きたいですね。という講演でした。

親子とも、違う環境で講演会だったけど、同じ日にいろんな体験が出来て良かったです(*^^)v

そんな先週末の出来ごとでした。


そして、来週の日曜日は、次女もいよいよ、秋の新人戦に出る事が決まりました。
1年生で団体に正選手として選ばれたのが、次女の一人だけです。
ジュニアからずっと春の大会で頑張って来た子は今回、選出されませんでした。

高校に入ってからの次女のバドミントン大会は初なので、今から私も緊張してます(笑)
部長さんと第1ダブルスで出場する事になっています。
ある意味、このダブルスが勝たないと次に進めません。

今、次女は朝5時に起きて、サーブの練習や素振りをしてます。

そんな努力が一つでも実るよう、影ながら応援していくつもりです。



スポンサーサイト
未分類 | 【2012-10-24(Wed) 10:37:46】 | Trackback(-) | Comments:(9)
お土産対決? 武田信玄VS上杉謙信
山梨でいくつかお土産を買いました。

まずは、ワイン
そして、葡萄

葡萄は、この4種類を買いました。
どれも珍しい品種かと思います(甲斐路は最近よく出回ってきましたが)

シャインマスカットと甲斐路

 葡萄

シャインマスカットは、皮ごと食べられるマスカットですが、これが一番甘いです!
今までのマスカットとはくらべものにならないくらいです。
甲斐路も美味しいですよね。


マニキュアフィンガーとゴールドフィンガー

 葡萄2

左の赤いほうがマニキュアフィンガーという品種で、この葡萄は
葡萄だけど、味はリンゴです!
食感もシャリシャリとしていて、葡萄にない感じです。
ゴールドフィンガーも甘く、このまま食べられますね。
この2種類は、女性の指をイメージして名前をつけられたようです。


さて、

 信玄餅2

こちらの 「信玄餅」
ちょっと調べました。
黄な粉にまみれたお餅に黒蜜をかけて食べます。

が・・・・・・

実は新潟に同じお菓子があります。

名前は「出陣餅」

あれ?いったい何がどう違うの?
と思いました。

このお菓子はを新潟の実家に送りました。
母は「出陣餅 ありがとう~」と返事。。。

私「いや~なんか山梨だと武田信玄なんだよ・・・・」

「信玄餅」と「出陣餅」いったい何がどう違うの?と調べてみました。
大きな違いは、お餅の種類
「出陣餅」はよもぎ餅という事だけ。
あとは、まったく一緒!形や入れ物、黒蜜の容器に包みなども一緒です。

説に武田信玄と上杉謙信の「場外餅戦争」とまで言われてるようでした(笑)

まぁどちらも美味しいので、ヨシかな???(#^.^#)

家用だったので、アウトレットで買ったものは、いったいどこが何がダメで正規品になれなかったのかわからないまま娘達があっという間に食べてしまいました(^^ゞ

おまけ~

いしがまパンはその日のうちに頂きました。

 やまぶどうパン

葡萄パンという事ですが、やまぶどうなので、小ぶりの葡萄が入ってました。
パンを少し温めるといい香りがひきたってきました。
外はカリっとしていて、中はふわっと小麦の香りがして美味しかったです。

それと、お土産のワインは、ぼちぼち楽しもうと思います♪♪

未分類 | 【2012-10-12(Fri) 10:34:57】 | Trackback(-) | Comments:(16)
勝沼でワイナリーめぐり
お腹も満足したところで、一路 勝沼方面へ
約40分くらいの移動

最初に、訪れた ワインナリーでいきなり素敵な出会いがありました

大和葡萄

 大和葡萄

今回は、幾つワイナリーに顔出せるかわからなかったので、小さい見学可能な箇所を要チェックしてました
さっそく、試飲のお話しを・・・・

 ベルばらラベル

おやおや、ベルばらのワインラベルじゃないの(^^♪
面白いですね~ 売ってないのかしら?

 勝沼と言えば、白ワインは甲州、赤なら ベリーA

 大和醸造

まずは、白ワイン3本出して頂きました。
ちゃんと吐き出してますよ~ 

古代甲州の葡萄の木は樹齢100年もの
”古代甲州”は マンガ「神の雫」に登場した1本との事!!
最初のワイナリーから、当たり♪♪


はっきり言っておきます。日本のワインはまだまだお値段と味のバランスが難しいです。

そんなお話しを沢山してくださったのが、こちらの 「もっちさん」
 もっち

ワインアドバイザーであり、特に甲州葡萄をこよなく愛し、お話しをしてくださった方
しかも、名刺を頂き知りましたが、京都大学出身とは、、、、
(この後、京都大学の山中氏のノーベル賞受賞を知りました) なんたる偶然!
マンドリンが趣味で、藤沢、湘南でワインの試飲会を開催して、マンドリン演奏会までしちゃうそうです
なんてアクティブ~ 素敵すぎ。

娘はしっかり試飲は飲みこんで、ワインの事を知らない娘に飲み方を指導してくださり
楽しいお話しを沢山してくれました

8日の前日日曜日、勝沼ワイン祭りがあったらしく、完売してしまった商品もあって
残念でした~

シュルリーの製法を聞く長女は、すぐに糖度の話から、実験を想像してたようで、興味深そうに聞いてましたっけ(笑)

そして、難しいベリーAに合う日本料理のお話し
そう、日本の葡萄で出来たワインが外国の料理に合うわけないでしょ(もっちさんの自論だそうです)
日本のワインなら、日本食に合わせなさい だそうです。
なるほど・・・「使う調味料を考えてごらんなさい」
「砂糖、醤油、だから、シュル・リーの発酵だったり、ベリーAのえぐみだったりするのだよ」と。

澱と一緒に発酵させたワインだからこそ、日本食に合うもんだ

ふむふむ 面白い!

ヨーロッパのワインはその国の料理に合わせればよいのですよ だそうです。

ベリーAは特に「とりモツ煮が合うよ~」と言われました。
あの甘辛加減がいいのだそうです。 ふむふむ

数本ワインを購入してから、次へ移動

 原茂

原茂ワイン

ここは、2回目?
長女が中1の時に来てます。
雰囲気が一番好きな場所

 原茂試飲

試飲コーナーはこんな感じ
2階で食事が出来るカフェが併設されてます。

原茂ワインでしばし、休憩してから、さらに移動します。

勝沼中心部にある ガラス工房がある場所へ
娘達がまだ小さい頃、ガラス玉でストラップを作った事もあり、なつかしい
その一角に パン屋さんがあります

 パン工房

パンの種類は2種類のみ 

 いしがま


やまぶどうパンとプレーンだけ・・・・・焼き立てを以前食べたのを思い出し、プレーンが売り切れだったけど、やまぶどうパンを買ってきました。
少々高めですが、それなりに納得の味です。

さて、そろそろレンタカーも返す時間になりました。

最後に、また長女のリクエストでチーズケーキとチーズがメインのワイナリーがあるというので、目指します。

 シャトレーゼ チーズ

シャトレーゼ ベルファーレ ワイナリー

ここで、お家のお土産用にチーズを購入

急いでレンタカーを返却して、帰路へ
電車が混んでいて、帰りは座れず、疲れましたが、無事 一日を満喫しました。

すでに勝沼はヌーヴォーが出てました。
試飲しましたが、フレッシュそのもの!
来月のボジョレーはどうなんでしょうかね?

長女よ、、、次回は早く免許を取って、私を乗せておくれよ。。お疲れさんでした。



| 【2012-10-10(Wed) 09:54:28】 | Trackback(-) | Comments:(8)
山梨 勝沼ワインの旅
長女とプチ日帰り旅行を計画してました。

山梨勝沼のワイナリーめぐり

8日 朝、各駅の電車と特急を乗り継ぎ、目指すは山梨県
以外と早く到着 朝10時

  山梨市駅

さすが 桃と葡萄の町
駅のホームには 桃と葡萄のオブジェが置いてありました。

  駅ホーム

♪♪あずさ2号で~♪♪
2号じゃなかったけど、中央線立川駅から特急「あずさ」で約1時間で到着

 あずさ

さて、どこから回りましょう

レンタカーを借りて、まずは 娘のリクエストで 「お菓子の美術館」へGO!

 お菓子の美術館

ここは、信玄餅の工場の中にあります。
桔梗信玄餅工場

 信玄餅工場

 お菓子のアウトレットがあるという事で、人がすごかったですが、ツアーバスが丁度来てしまって、信玄餅つめ放題の整理券が終わってしまってた。。。。。
つめ放題は一袋210円だったのに!!! 残念(T_T)

信玄餅はアウトレットで買いましたよ~

 アウトレット信玄餅

山盛りだけど、一人1袋の限定!
5個入って 398円 (通常は900円くらい)

美術館?何があるのだろう???と中へ入ると。。。。

 作品2

 ふ~ん。なんだ、普通の花じゃないの。。。。

娘「お母さん!! これ、みんなお菓子でできてるんだよ!!!」

私「ん?ん? え!え!」

そうなんです!!これから いくつか画像を出しますが、前もって言います。
すべて 練菓子の作品です。

 お菓子作品

 お菓子作品3

こんなお魚も

 作品魚

もちろん、この花も

 作品4

説明は、次の画像で

 工程1

工程2

 工程3

こうして、一つ一つ手作業で作られた花のお菓子が

 作品3

日本人のパティシエが先日世界大会で優勝しましたね。
あれも飴細工の細かい作業が評価されていたのと同じでしょうか。

手先の器用な日本人らしい作品の数々・・・実はまだまだたくさん作品が展示されてました。

この一つのお菓子の作品を「桔梗」と呼ぶそうで、そこで作られた信玄餅の工場でした。

少し早めに時間だったけど、小腹が空いたので、名物をいただくことにしました。


続き 

 



“山梨 勝沼ワインの旅”の続きを読む>>
| 【2012-10-09(Tue) 15:04:39】 | Trackback(-) | Comments:(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。