プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
永遠に MJ 「This is it」
「This is it」

マイケルジャクソン


観てきました
どうしてもこれを逃すわけにはいかないという思いで・・・・・・

これは ”映画”だけど、あえて、”映画”としての感想にはできない思いなので
あえて、カテゴリも”音楽”とさせていただきます

以後、個人的意見ですので、スルーも全然OKです

一言で 表わすなら   「悔しい」 です

映画のオフィシャルサイトはこちら ↓
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/

MJが亡くなったと報道されてから、追悼式典やいろんな映像やニュースを見ても
悲しいのに涙が出ない自分がいました

彼を、そう MJが来日公演9回したうち、私はラッキーなことに二度見に行くことができたのです
初来日の後楽園球場・・・・野外、親友とともに楽しんだあの時
私の体調は最悪な状態だった
でも、どうしても マイケルを見ないわけいにはいかないという気持ちで
痛み止めを飲んで行ったのを思い出しました

マイケルが亡くなったと言われた日
その時一緒にライブを見た 友達と「あの時のことを思い出してた」と同じ気持ちでいるメールのやり取りをしました

マイケルが全盛期と呼ばれた頃、その親友とほぼ毎週のように ”ディスコ”というところに行ってました
場所は新宿・・・・・仲間はというと、ある某有名大学の水泳部一同様
後に今の日本代表のコーチ陣に入ってる人もいます
背は高い、水泳をしてるから勿論 逆三角の素晴らしいBODY
白いTシャツにジーンズだけで現れる彼らを他の方は アイドルを見るように見ていました
そんな彼らと一緒に、マイケルの曲を踊りながらいた 青春の日々
その中の一人から頂いた 銀のブレスレット
今も大事に持っています
しかも、数年後、偶然に山手線の中で目の前に座った、ブレスをくれた彼
何万人の中の一人に出会う偶然 
でも仕事中のようでしたので、声はかけませんでした
ホロ苦い思い出

そんな私の青春の全てをもって MJがいたのです

そして、今回、MJが亡くなったとどんなに報道されても実感として湧かなかった

なのに この 「This is it」の彼の姿を見た瞬間

”ああ、彼は本当にこの世からいなくなったんだ”という気持ちになってしまい
涙があふれてきました

彼は、私が生きてる間には、けして出てこないアーティストであり、キング・オブ・ポップと言われるのは当然であり、このドキュメンタリーを見て、改めて彼の心の純粋さを知りました

マイケル

今回のツアーのメインギターは 女性だったのね
素敵なテクニックを披露していました

スーパースター、彼を金としか見ない人がいて、彼はどんなにか孤独だっただろう
暖かい家庭に餓えていたのだろう

なぜなら、途中、ジャクソン5の曲を歌う場面で、彼は歌えなくなくなった・・・・
理由はいろいろ言ってたけど、私も あのジャクソン5のシーンを見た瞬間、マイケルと初めてあったことを思い出してました
♪ベンのテーマ♪、 ♪ABC♪
なんて凄い 少年だろう と思って、何度もLP盤を聞いた
声の綺麗な 少年・・・・・・
その頃の私は、クラシックのピアノと父の影響で、グレンミュラーやウィーン少年合唱団などを
生で聞かせてもらえて、でも家には、ビートルズにジャクソン5、ビージーズ、KISS
ベイシティーローラーズ、ピンクレディ、風、かぐや姫・・・フォークソング
ありとあらゆる音が家の中にあった気がする
その中でも どんどん洋楽に引き込まれていった
ナックの 「マイ・シャローナ」なんて ほんと 何度聞いたことか
その中でも マイケルは特別だったな


あらためて、今回のツアーが ホントに実現できなかったことが 悔しい
綿密にテンポとすべての振り付けと 妥協もなければ、クオリティの高さ
20数年前の曲なのに、ひとつたりとも古く感じられないアレンジ

マイケル 2


ファンが望むものを、ファンが喜ぶものをひたすら追いつづけ
真剣にリハーサルをこなしてきたことがよくわかった

バックダンサーが息を切らしてるのに、マイケルは息すら乱れていない
しなやかな踊り
オリジナリティの凄さ

みんなで輪になり 「みんな愛してるファミリー」と手を取り合った あの何時間後に
死があるなんて、誰も想像できなかっただろう

エンディングロールが流れて 席を立った人もいたが
最後、 Heal the World が流れ、 彼へのメッセージがありそして 終わる

映画館から  拍手が自然と出た

MJへ 敬意を表して・・・・・・・





音楽 | 【2009-11-05(Thu) 10:30:06】 | Trackback(-) | Comments:(7)
こぼれ話
ドリカムのライブに一緒に行った 友達ママは、次女の幼稚園からの友達で
小学校が違ったけど、今、中学も一緒で、部活も一緒になって、また 身近な存在になってます

そんな彼女からこんな話を聞きました

SEAMO 「MOTHER」という曲のプロモに彼女の自宅を使わせてくれないか・・・と

SEAMOのスタッフさんから頼まれたという話

彼女の住んでる家の近所に、映像編集してる会社があるらしく、彼女の家を見ていたらしい

彼女の家は、二世帯住宅で家に行くには、ちょっとした坂があり
家の前には、桜の木があるのだ

そのロケーションがスタッフさんの目にとまったらしく、プロモの撮影依頼があったという

ちゃんと台本とつぶやきシローさん出演でのお話だったのだ

ところが、その撮影の予定の日、彼女は予定があり、どうしても家にいれなかったらしく
お断りしたんだそうです

でも、この 「MOTHER」の曲のプロモが完成したとのを見せてもらったそうです




今 思えば、「引き受ければよかったよね~」と彼女

結構、うちのまわりって、撮影に使われることが多いんですよ

長女の高校も1年生の時、ミスチルの曲のプロモに使われました
長女のクラスの教室もプロモに出てきました

「今日は撮影があるから、教室に忘れ物しないように!」という時があり、プロモ見て
騒いだものです  笑

まあ そんな余談もちょっと・・・・・・・・。




音楽 | 【2009-05-19(Tue) 02:46:11】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ドリしてきました♪
日曜日 さいたまスーパーアリーナで

Dreams Come True

20th アニバーサリーツアーに行ってきました

ドリ


新型インフルエンザを意識して、ライブ場所のトイレには、アルコール消毒がおかれていました

と言っても、、、、、、1万8000人もの観客には、関西から来ている人もいただろうし
もう防ぎようないですって。。。。

今回で ドリカムは2回目

一緒に行く友達ママは、いつも私をライブに誘ってくれます

今まで一緒に行ったのは、福山雅治さん、綾戸智恵さん

今回のドリカムの席は友達ママの小学生の娘ちゃんとも一緒だったので、ファミリーシートでした。
2階のバルコニー式のところの最前列
ゆったりした席に、前には飲み物と食べ物がおけるテーブルもついてます

ただ・・・・・・・どんなにノリノリになっても、立ってはいけない 笑
それが苦痛でした あは

入口が他のゲートと別れていて
執事の黒服さんが、丁寧に挨拶して、案内をしてくれました

20周年記念ということで、3時間という長時間ライブでした

今回は、かなりダンサブルな感じで、ダンスする美和ちゃんも凄かったんだけど

このライブのバックミュージシャンが以前と変わっていて、特に ドラム

なんと、若い 大人しいそうな、髪の長い黒メガネの ”サトコさん”

もの凄い パフォーマンスを見せてくれました!
 いや~~~~圧巻!

カッコよかった♪

20年前にタイムスリップして、デビューから年を追って、名曲を歌ってくれた

 MCの正人さんも頑張っていました

美和ちゃんが衣装を着替えに行ってる間にトークしてて、ちょっとでも噛むとまわりからの
突っ込みでバツとして、5回の腕立て伏せをさせられることに・・・・ステージ上で 笑

観客みんなでそれをカウントしました 「ワン、ツー、スリー・・・・」って 面白かった (笑)

 ドリカムの曲の中で、ぐっと来る曲と「嬉しい、楽しい、大すき」とか「大阪LOVER」など
楽しい曲もあるんだけどね





実は、前回のドリカムのライブの時 (代々木体育館)

その時 ある曲についての話を美和ちゃんがしてくれました

その曲とは 「何度でも」

ドラマ「救命病棟24時」の主題歌 でした

このドラマの主題歌が決まった時に、新潟中越地震のことがあり、この曲を最初辞退した
話を代々木のライブの時にしてくれました

でも、もし この曲で 元気になってくれるならと 美和ちゃんは作ってくれたそうです

主役の江口洋介さんは、被災地にも来てくれました

2004年10月23日  私の実家も被災しました。 今も押入れにはヒビが入ったままです
一人暮らしの母は、約2か月 夜だけ、近所の方と近くの保育所に避難していました

親の安否、大好きな同級生達、あの時間帯にいつも帰宅する彼女がトンネル崩壊の
知らせで、潰されていないか、いろんな人の安否が心配で、眠れなかった時間

数時間ごとに、「生きてるよ」 「無事」と来る 短いメールに安堵
そのことを この「何度でも」を聞くと思いだす

私とシェフichiさんの母校である高校も避難場所となり、私の同級生の実家 川口町のお寺も
全壊し、妙見の崩壊した道路も地震のあった年の夏休みの帰省の際に、通過してた場所でもありました

その思いと ドリカムがこの曲を作ってくれたことがだぶり

前回(3年前)のライブで、 この 「何度でも」を聞いた時、涙が止まりませんでした

私が 「新潟頑張っているよ~」と叫んだら、今回も一緒に行った友達が 隣で泣いていました

だから、今回も この「何度でも」を唄ってくれた時、

ほんと 1万回ダメでも 1万1回目があるかもしれない♪ と諦めない、気持ち
忘れたくないと・・・・・・・



この LOVE LOVE LOVEは 今回歌わなかったけど、アンコールの最後は
「またね~」でした

私 個人として、想いが強かったのは、「決戦は金曜日」かな

 素敵なパフォーマンスをありがとう~ ドリカム!





音楽 | 【2009-05-18(Mon) 18:06:53】 | Trackback(-) | Comments:(4)
再結成願う
やっぱり 再結成して欲しい二人

最初で最後だった武道館ライブを見れただけ 幸せだったのかも

サイコーのライブだったな

今、それぞれのソロ活動しているけど

やっぱり、二人であってほしい

朝、フジTV「めざましテレビ」のテーマソングで、この Def Techの曲が一番長く使われていた

二人の声の優しさが朝にあっていて 嬉しかった

これから 気温が上がっていき 夏には、やっぱり このふたりの曲を聞きたくなるな♪




そして いよいよ ソメイヨシノも一年のうち一番輝く時が来てます

010_convert_20090327211016.jpg

by koh



音楽 | 【2009-03-27(Fri) 21:08:42】 | Trackback(-) | Comments:(2)