プロフィール

koh

Author:koh
関東在住

横浜生まれ、新潟育ち
保母資格有
MCT資格

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
夏休み Vol.4 酒田 後編 最終
これで、山形の酒田で楽しんだ旅も終わりです。
自宅から離れて、1週間。予定が大幅に狂った部分もありましたが、従妹とかなり久しぶりに過ごせたのは良かったです。
母は兄妹の中で一番下で、従妹の中で、私が一番年下です。今回一緒に過ごした従姉を一番、慕っていて、小学生の私は姉のように甘えていました。一人で寝るのがイヤで、布団にもぐりこんでいったり(笑)
農家の朝は早かったですが、近所の小学校にラジオ体操に行くのも楽しんで行ってました。
  DSC_3741.jpg

  DSC_3742.jpg

ここで、ラジオ体操のカードにハンコを押してもらったものです。
こんな素敵な小学校がまた別の形で残してもらえたらと思ってます。

羽越線から見える、出羽三山
月山、湯殿山(ゆどのさん)、羽黒山ですが、この日は、羽黒山があまり見えず
雲がかかってるのが月山、手前が湯殿山です。
  16-08-20-18.jpg

帰りは鶴岡から乗車。
行きと違い、帰りは特急に乗って 新潟まで。

  16-08-21-06.jpg

帰りも日本海は綺麗でしたね。
夕陽までには、時間が早かったですが、海は日を照らしていて、なんとも言えない気持ちに。

  16-17-07-24-959.jpg

  16-17-05-730.jpg

新潟からは新幹線であっと言う間に自宅へ。

今年の夏休みは、予定が色々変更になったけど、いい時間を過ごせました。
従姉に感謝!
水族館で従姉達と写真を撮ったのを後で見ると、どことなく母に似てました(笑)

従姉は京都に家があるので、今度は、京都においで~っと言ってくれてるので、ぜひ、娘達を連れて、京都に行きたいと思ってます。京都の穴場に連れていってくれるとの事ですので(*^^)

長い旅日記、お付き合いありがとうございました(*^_^*)



| 【2016-08-26(Fri) 15:07:25】 | Trackback(-) | Comments:(10)
夏休み Vol.3  酒田お寿司ランチとクラゲ世界一の加茂水族館編
もう少し 旅日記のお付き合いを。
酒田に着いた日の夕方、ご先祖様のお墓と母が通っていた小学校で友達になった友人のお墓にお参りしました。
母が通っていた小学校は、100年以上たった今でも校舎が保存されています。廃校になったのが一昨年。
文化財として残す方向になってるらしいのですが、今はあまり手が加えられてません。小学校の夏休みの間、この小学校ラジオ体操やプールまで入れてもらって、同じ年の姉妹の友達も出来ました。ずっと文通をしながら仲良くしていたんですよね。
その姉妹の妹が大学時代に自ら命を絶ってしまいました。彼女が21歳の時。。。
彼女のお墓もしっかりお花とお線香をあげさせてもらいました。久しぶりだね(__)

さて、二日目 従妹が美味しいお寿司屋さんに連れて行きたいと言ってくれたので、お昼に行きました。

  DSC_3746.jpg

割烹寿司です。酒田近海で取れるお魚を堪能! 
おまかせでお願いしました。

炙りの本まぐろから 塩で鯛
  DSC_3747.jpg  DSC_3748.jpg 

ふぐ そのままで。 ソイ
  DSC_3749.jpg  DSC_3750.jpg

漬けのマグロ 醤油で3種 甘海老、イカ、トロ
  DSC_3751.jpg  DSC_3753.jpg

この後、名物岩ガキのお寿司もあったのに 美味しくて撮影忘れ
穴子、 おまかせの最後は 玉子
  DSC_3754.jpg

お椀は、ニシバイ貝のお味噌汁を頂きました♪
小さい貝がいいお出汁でしたね(*^_^*) 美味しくて、撮影する暇もなく・・・

そして、従妹がどうしてもおすすめというので、サザエのお寿司も(雲丹か迷いました)
  DSC_3755.jpg

コリコリしてて、まぁ美味しかった!
本当に、すべて美味しいお寿司でした(^^) 
従妹は、ずっとブラジルだったので、いかに日本食が美味しいかを切々と語ってました(笑)
アルゼンチンのお肉は美味しいよと教えてくれましたね。
ブラジルの介護レベルは、日本の40年前と同等レベルだったそうで、彼女が介護に携わった頃と一緒だったと話てくれました。
今では、日本の介護施設を海外の人が視察に来るそうです。

お腹もいっぱいになったので、もう一つの目的 鶴岡市加茂水族館に向かいます。
現地で別の従妹達と合流☆

”加茂水族館”

ここは、クラゲで有名になりました。数年前に改装して、北海道の旭山動物園のように閉館の危機から脱した水族館です。
友人が行ったのを見て、今度山形に行く時はここに寄りたいと思ってました。
従妹も昔の水族館しか知らないというので、一緒に楽しみましたよ♪

最初は、魚といろんな生き物の展示
蛸が卵を産んで育てていて、この卵がかえる頃には、この母蛸は命を全うするそうです。
  DSC_3761.jpg

水族館なのに、魚の説明とともに、調理方法の説明ボードが(笑)
  DSC_3762.jpg

ここからはいろんなクラゲを見てください。
  DSC_3769.jpg

  DSC_3772.jpg

  DSC_3777.jpg

  DSC_3790.jpg

  DSC_3773.jpg

光る クラゲも
  DSC_3786.jpg

  DSC_3782.jpg

さかな君が館長をしてた時もあったそうですよ(^^)
  DSC_3766.jpg

他にも、海カメ
  DSC_3764.jpg

そして、ここで水クラゲの生息を研究して、日本各地からも研究を見に来るそうです。
この水槽には、こどものクラゲが沢山
  DSC_3794.jpg

そして、名物のクラゲの水槽
  DSC_3799.jpg

混んでいて、誰もいない状況にならず・・・残念。しばらく、見いってる人もいましたね。

この日は、鶴岡で赤川の花火大会が開催される日だったので、浴衣姿のカップルも沢山。
若いっていいですね~(^^)
私達は、暑さではぁーはぁー言いながら 水族館の人にのまれてました(笑)

最後は、クラゲソフトクリームを!
  DSC_3809.jpg

トッピングにクラゲのプチプチがのってるだけでしたが・・・・(^_^;)
クラゲアイスはいろんな味のアイスの中にコリコリしたクラゲが入ってるんだとか。
従妹はクラゲアイスにしてました♪

ここの水族館は外海に面していて、臨時駐車場まで遠くて~~~
歩いて行くと、加茂レインボービーチとありました。
本当に、日本海は透明度が違います!

  DSC_3811.jpg

こうして、二日目の滞在を終えて、帰路へ
後少しだけ旅日記をと思っていますので、お付き合いを。


| 【2016-08-25(Thu) 18:00:47】 | Trackback(-) | Comments:(6)
夏休み Vol.2 酒田 前編
しばし、旅日記を。
予定では、新潟から母と一緒に酒田で1泊、鶴岡で1泊だったのですが、前回の記事のように私が熱中症になってしまったため、どうしようかとなりました。数週間前、今回、2泊宿で泊まるつもりだったところに1本の電話が・・・。
私の従妹からでした。彼女は本家(母の実家)さんの娘ですが、今は本家には住んでません。JAICAの仕事で介護士として、2年間ブラジルに赴任してたのです。その仕事が終わり、長期、酒田に滞在するから、ぜひ宿はキャンセルして本家に泊まってとの事でした。
他の親戚も母が来るというので、楽しみにしていたのに、私の体調でその予定を大幅狂わせてしまい、母にも心配をかけ、酒田行きをやめると言い、結局、私だけが酒田に行く事にしました。
従妹が滞在してないなら、私も酒田行きをやめようと思ってましたが、十数年ぶりに会えるチャンスがあったので、やっぱり行こうと決めました。

なので、2泊滞在を1泊にし、本家に泊まらせてもらいました。

新潟から山形に行くには、新潟まで新幹線で行き、その後、羽越線で東北に行くようなルートになります。
通常だと特急に乗るところ、新しい電車がありました。
「きらきら羽越」という快速列車。初めて乗車♪
  DSC_3704.jpg

始発は、新潟 終点が酒田 うってつけの列車ですね♪
  DSC_3706.jpg

列車内は、これから見られる 日本海ビュースポット用の椅子と窓が用意されてましたよ(^^)
  DSC_3707.jpg

この快速は、最寄駅に近づくたびに駅の解説があって、後からわかったのですが、鉄道好きが結構乗ってるようでした。切符もみんな記念スタンプを押してもらって、そのまま持ち帰るようになっていました(知らなかった)

さぁ しばらく、日本海をご覧ください。
この日は台風が去った後だったので、本当に海が綺麗でしたね☆
前の予定のままなら、台風直撃でこの素晴らしい海には出会えなかったのです(^^ゞ

  DSC_3711.jpg

  16-43-49-663.jpg

  16-12-03-03-289.jpg

  16-08-19-11-42-18-905_deco.jpg

対岸に見える島は、「粟島(あわしま)」です。 佐渡島より少し北上にあり、小さい島ですが、鯛が取れる漁場として有名です。
この海岸いったいは”笹川流れ”と呼ばれ、ここで作られる塩は極上の塩として売られています。
私の友人が作ってる納豆もここの塩を使っているんですよ(^^)

この海を見てるだけで、旅気分のテンションアップ

海の青さに、心洗われた気分になりましたね♪

こうして、2時間半の列車の旅も終わり、終点酒田に。

  DSC_3725.jpg

何年ぶりでしょう! お久しぶりです。酒田駅

駅には、従妹が迎えに来てくれてたので、一緒にお昼となりまして。
駅近にある老舗のお店に行きました

「ル ポットフー」で、ランチを頂きました。

  DSC_3726.jpg
冷たいコーンスープ

  DSC_3727.jpg
メインディッシュは、スズキのオリーブオイル

 DSC_3728.jpg
デザートは、紅芋のタルトにシャーベット

他にも、サラダもあったし、〆のコーヒーもついてました♪

「酒田にポットフあり」と呼ばれるほど、有名で、従妹も以前は記念の何かがあるとご褒美に来てたと言ってましたね。
シェフの方の本も出ていたりして、まだミシュランなどが無い時代にも注目されてたお店だそうです。

ランチの後には、他の従妹の家に行き、叔父さん、叔母さんの御仏壇にお線香をあげてきました。
その叔母さんは母の長姉で、私は本当にお世話になりました。中学の時、父が東京で手術した時も新潟に来て、私達のご飯や色々面倒を見てくれて、マフラーとか編んでくれて、大好きな叔母さんでした。
今は従妹と娘さん達が住んでますが、家は変わってなかったです(^^)

さぁ、泊まる本家さんに移動。
その時には、さっきまで雲がかかっていた 鳥海山が綺麗に見えます。
  DSC_3731.jpg

少し、山頂近くに白い部分があると思いますが、あれは万年雪なんですよ。
庄内平野です。

さあ、本家に着きました。
  DSC_3737.jpg

農家だったので、入り口には車庫が・・・その向かい側には、大きな農機具小屋もまだあります。
今は田んぼは人に貸してます。

他の従妹も来て、しばしお茶タイム
おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さんにお線香をあげて、ご挨拶。
小学校の頃は、毎年夏休みにお邪魔してました。大きなお屋敷みたいで大好きでしたね。
庭に大きな池もあり、そこで水着で遊んだり(笑)

するとご近所の方が採れたてのだだちゃ豆を持って来てくれたので、従妹が夕飯作ってる間、ひと仕事(^^ゞ
枝豆取り
  DSC_3739.jpg

すごーい量で、とってもとっても枝豆が~~~~~(^^)
すぐに塩茹でして、美味しく頂きましたよ。

こうして、一日目終了。
久しぶりに従妹とゆっくりおしゃべり出来て楽しかったですよ(*^^)

後編にもお付き合いくださいね。


| 【2016-08-24(Wed) 18:30:39】 | Trackback(-) | Comments:(2)
甲府へ日帰り旅  登美の丘
9月の連休、長女と甲府へ日帰り旅行

前回は一昨年でしたね。でもその時はまだ長女が免許を持っていなかったので、ワインの試飲をしっかりできず、私が運転してました(レンタカー)
でも、今回は長女が運転手をかって出てくれたので、試飲できました(笑)

お天気最高の晴天

途中までは雲一つなく、青空だったのに・・・やっぱり富士山と縁がない私。

 0905.jpg

すっきり顔を出してくれません・・・そんなに私の事嫌い? ねぇ 富士山
もう何年もあなたの全貌を見させてもらってないのよ。。。伊豆にまで足を運んでも。。。
ねぇダメなの?ダメよ、ダメ、ダメ?

目指したのは、勝沼方面ではなく、サントリーのワイナリー 「登美の丘」

標高600mの山 250ヘクタールに葡萄を栽培し、各種のワインを作っているそうです。

  1410665413600.jpg

葡萄畑が続きます。
  P1000990.jpg

  P1000991.jpg

風と山からの景色 とっても気持ちよかったですよ~

駐車場は約標高500mのところにあり、坂道を登る途中、車では珍しいスイッチバッグで登るという珍しい体験をしました。

  0903.jpg

  0904.jpg

長女の運転では怖くて、「変わる?」と言っても「運転する」というので、やらせました。
でも、私内心 ドキドキ(笑)
まぁ無事にバッグで上がりました(^^ゞ

  1410665421054.jpg

ここ サントリーワイナリーでは、有料ワインセミナーがあったり、無料園内ツアーがあるというので、早速ガイドツアーに申込みました。約1時間、ワイナリーをガイドさん付で回るというのです。
最後に試飲付(笑)
でも、今の世の中ですので、ドライバーさんと未成年は勿論 試飲は禁止!
車で来たドライバーの人は 首にドライバーの名札をかけてツアー開始。
試飲の時は 私はワイン 白、赤 と2杯頂きましたが、長女は 残念ながら、ジュースで我慢(^_^;)

ここサントリーのワイナリーは歴史も古く 100年以上前からとの事
まずは、葡萄畑までバスで登り、直接畑を見せてくれました。
栽培してるのは、カベルネソーヴィニヨン
  DSC_0912.jpg

他にも、白ワイン用のシャルドネ、リースニング、勿論 甲州などもあり、50区画あるとの説明。
土の大切さ、ワイン製造工程のお話  かなり充実してました。
畑から 今度は醸造庫へ移動。
  0914.jpg

横に寝てる樽は現在、商品として寝かせてるワインだそうです。
さらに自然の洞窟を利用した熟成庫の方へ向かいます。

  P1000998.jpg

  P1000999.jpg

一番古いワインは1966年ものだそうです。

  P1010001.jpg

今年の国産金賞受賞のワインはここ登美の丘のワインだったそうです。
お値段1万以上なので、勿論買いません(笑)

  P1010008.jpg

こうして、ワインのお勉強を兼ねて約1時間無料見学をしてからお昼を頂きに、レストランへ

  1410665434154.jpg

混んでいたので、どうしようか迷いましたが、下山するにも時間かかるので、待つことに。
正解でした。
ランチコースを2種類頼みました。
  0915.jpg

 0917.jpg

パン美味しかったですね~

これ、豚肉のロースト ワインソース
お肉が豚とは思えないほど、ホロホロで美味しかった~
  0918.jpg

もう1種類は鮭の味噌ソースがけ
  0919.jpg

これ、絶品でした!
ほんのり味噌の香りがあるけど、くどくなくてさっぱりしてるの。
何が入ってたのだろう・・・生クリームかな?

景色を見ながらのランチでした。

それから下山して、お土産買いに、この日の目的は 葡萄と信玄餅
以前行った信玄餅のアウトレットは残念ながら、売り切れだったので、道の駅で購入。
葡萄は、画像撮る暇なく・・・
シャインマスカット、甲斐路、ピオーネを買って、帰路へ。
私はそのまま シャインマスカットを知り合いにお土産にしました。
一緒に食べたけど、やっぱり美味しかった~~~ 
こちらで買うのより、かなり安いので、お得でしたよ 

この時期は、山梨の葡萄狩りへの直行臨時便があって、私達も特急の臨時便だったんだけど、丁度1本前は、こんな珍しい急行に遭遇。

 DSC_0900.jpg

 DSC_0898.jpg

お座敷列車でした。
これはこれで楽しいのでしょうね。

今年のボジョレーも楽しみです。
 



| 【2014-09-20(Sat) 08:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(6)
勝沼でワイナリーめぐり
お腹も満足したところで、一路 勝沼方面へ
約40分くらいの移動

最初に、訪れた ワインナリーでいきなり素敵な出会いがありました

大和葡萄

 大和葡萄

今回は、幾つワイナリーに顔出せるかわからなかったので、小さい見学可能な箇所を要チェックしてました
さっそく、試飲のお話しを・・・・

 ベルばらラベル

おやおや、ベルばらのワインラベルじゃないの(^^♪
面白いですね~ 売ってないのかしら?

 勝沼と言えば、白ワインは甲州、赤なら ベリーA

 大和醸造

まずは、白ワイン3本出して頂きました。
ちゃんと吐き出してますよ~ 

古代甲州の葡萄の木は樹齢100年もの
”古代甲州”は マンガ「神の雫」に登場した1本との事!!
最初のワイナリーから、当たり♪♪


はっきり言っておきます。日本のワインはまだまだお値段と味のバランスが難しいです。

そんなお話しを沢山してくださったのが、こちらの 「もっちさん」
 もっち

ワインアドバイザーであり、特に甲州葡萄をこよなく愛し、お話しをしてくださった方
しかも、名刺を頂き知りましたが、京都大学出身とは、、、、
(この後、京都大学の山中氏のノーベル賞受賞を知りました) なんたる偶然!
マンドリンが趣味で、藤沢、湘南でワインの試飲会を開催して、マンドリン演奏会までしちゃうそうです
なんてアクティブ~ 素敵すぎ。

娘はしっかり試飲は飲みこんで、ワインの事を知らない娘に飲み方を指導してくださり
楽しいお話しを沢山してくれました

8日の前日日曜日、勝沼ワイン祭りがあったらしく、完売してしまった商品もあって
残念でした~

シュルリーの製法を聞く長女は、すぐに糖度の話から、実験を想像してたようで、興味深そうに聞いてましたっけ(笑)

そして、難しいベリーAに合う日本料理のお話し
そう、日本の葡萄で出来たワインが外国の料理に合うわけないでしょ(もっちさんの自論だそうです)
日本のワインなら、日本食に合わせなさい だそうです。
なるほど・・・「使う調味料を考えてごらんなさい」
「砂糖、醤油、だから、シュル・リーの発酵だったり、ベリーAのえぐみだったりするのだよ」と。

澱と一緒に発酵させたワインだからこそ、日本食に合うもんだ

ふむふむ 面白い!

ヨーロッパのワインはその国の料理に合わせればよいのですよ だそうです。

ベリーAは特に「とりモツ煮が合うよ~」と言われました。
あの甘辛加減がいいのだそうです。 ふむふむ

数本ワインを購入してから、次へ移動

 原茂

原茂ワイン

ここは、2回目?
長女が中1の時に来てます。
雰囲気が一番好きな場所

 原茂試飲

試飲コーナーはこんな感じ
2階で食事が出来るカフェが併設されてます。

原茂ワインでしばし、休憩してから、さらに移動します。

勝沼中心部にある ガラス工房がある場所へ
娘達がまだ小さい頃、ガラス玉でストラップを作った事もあり、なつかしい
その一角に パン屋さんがあります

 パン工房

パンの種類は2種類のみ 

 いしがま


やまぶどうパンとプレーンだけ・・・・・焼き立てを以前食べたのを思い出し、プレーンが売り切れだったけど、やまぶどうパンを買ってきました。
少々高めですが、それなりに納得の味です。

さて、そろそろレンタカーも返す時間になりました。

最後に、また長女のリクエストでチーズケーキとチーズがメインのワイナリーがあるというので、目指します。

 シャトレーゼ チーズ

シャトレーゼ ベルファーレ ワイナリー

ここで、お家のお土産用にチーズを購入

急いでレンタカーを返却して、帰路へ
電車が混んでいて、帰りは座れず、疲れましたが、無事 一日を満喫しました。

すでに勝沼はヌーヴォーが出てました。
試飲しましたが、フレッシュそのもの!
来月のボジョレーはどうなんでしょうかね?

長女よ、、、次回は早く免許を取って、私を乗せておくれよ。。お疲れさんでした。



| 【2012-10-10(Wed) 09:54:28】 | Trackback(-) | Comments:(8)
山梨 勝沼ワインの旅
長女とプチ日帰り旅行を計画してました。

山梨勝沼のワイナリーめぐり

8日 朝、各駅の電車と特急を乗り継ぎ、目指すは山梨県
以外と早く到着 朝10時

  山梨市駅

さすが 桃と葡萄の町
駅のホームには 桃と葡萄のオブジェが置いてありました。

  駅ホーム

♪♪あずさ2号で~♪♪
2号じゃなかったけど、中央線立川駅から特急「あずさ」で約1時間で到着

 あずさ

さて、どこから回りましょう

レンタカーを借りて、まずは 娘のリクエストで 「お菓子の美術館」へGO!

 お菓子の美術館

ここは、信玄餅の工場の中にあります。
桔梗信玄餅工場

 信玄餅工場

 お菓子のアウトレットがあるという事で、人がすごかったですが、ツアーバスが丁度来てしまって、信玄餅つめ放題の整理券が終わってしまってた。。。。。
つめ放題は一袋210円だったのに!!! 残念(T_T)

信玄餅はアウトレットで買いましたよ~

 アウトレット信玄餅

山盛りだけど、一人1袋の限定!
5個入って 398円 (通常は900円くらい)

美術館?何があるのだろう???と中へ入ると。。。。

 作品2

 ふ~ん。なんだ、普通の花じゃないの。。。。

娘「お母さん!! これ、みんなお菓子でできてるんだよ!!!」

私「ん?ん? え!え!」

そうなんです!!これから いくつか画像を出しますが、前もって言います。
すべて 練菓子の作品です。

 お菓子作品

 お菓子作品3

こんなお魚も

 作品魚

もちろん、この花も

 作品4

説明は、次の画像で

 工程1

工程2

 工程3

こうして、一つ一つ手作業で作られた花のお菓子が

 作品3

日本人のパティシエが先日世界大会で優勝しましたね。
あれも飴細工の細かい作業が評価されていたのと同じでしょうか。

手先の器用な日本人らしい作品の数々・・・実はまだまだたくさん作品が展示されてました。

この一つのお菓子の作品を「桔梗」と呼ぶそうで、そこで作られた信玄餅の工場でした。

少し早めに時間だったけど、小腹が空いたので、名物をいただくことにしました。


続き 

 



“山梨 勝沼ワインの旅”の続きを読む>>
| 【2012-10-09(Tue) 15:04:39】 | Trackback(-) | Comments:(1)
女子会旅行 @ 伊東 観光地編
朝は、のんびり~ 主婦にとって、朝食作らなくていい、お弁当しなくていい
なんて贅沢な時間
お部屋の横は、すぐお庭
 夜景も綺麗だったんだけど、撮影する時間より、お話しの時間の方が大切で(笑)

 ホテル庭

私達のお部屋は、離れのような形で、この橋を渡っていきます。

ホテル池

夜はライトアップされて 幻想的だったのよ~ 

この日も朝から30度・・・暑い一日になりそう。暑かった!!!

さて、二日目 レンタカーを返す時間までどうするか計画しました。

私は特に今回は父の墓参りを考えてなかったんだけど、友人がどうせなら、修善寺に行ってお蕎麦を頂こうと提案してくれて、ではということで お昼はお蕎麦を食べる目的 + 私の父のお墓にも行かせてもらいました。

ありがとう~

ならば、連れて行きたいお店があるよと とろろ蕎麦、麦とろを求めて行ったのですが、ああああ
そこは休みでした ガックシ

では、ということで、結局、前回(3月)と同じお蕎麦のお店 花小道 四季紙

私は今回は とろろ蕎麦にしました。

 とろろ蕎麦

友人は、天麩羅蕎麦にして、 凄く美味しいと喜んでくれました。(良かった)

そして目指したのは、中伊豆ワイナリー(またワイン?(^^ゞ)

ワイナリー中伊豆

ここは、あのカラオケ 「シダックス」のワイナリー
経営範囲広いですね~

結婚式場も兼ね備えてます。そうカリフォルニア ナパバレーをイメージしてるようでした

私も実は伊豆に何回も行きながら、こんな風景があるなんて全く知らなかったよね

静岡県民の友人もビックリしてました

葡萄畑

一面に広がる葡萄畑
ここに来るまで結構、坂がきつかったです(運転手は、ワタシ)

ワイナリーで試飲もあって、しっかり飲んだのは、友人二人 (-_-;)
私に運転させるつもり アリアリ オイオイ!

私はここで、プレミアムのシャルドネ種と赤(ブレンド)を買ってきました。

しばし 葡萄畑と葡萄の景色で

 葡萄

この樽で踏みつけてワインになるんだろうな~ 秋・・・・・


 ワイナリー


 メルロー

  ヤマ・ソーヴィニヨン

  ヤマ・ソーヴィニヨン種

 信濃リースニング種
信濃リースニング



ワインのお酢で漬けたらっきょうがあったな~ 買えばよかったかも。
後で後悔


ここを後にして、ナビと格闘しながら (友人とおしゃべりに夢中でナビにおいつかない)

目指すはラスト 伊東マリンタウン(道の駅)

実は、この旅行に行く数日前に、芸人 ホンジャマカの石ちゃんが伊東の食べ物レポートしてました。
静岡市民の友人も見てたらしい。

その放送に出てた「幸せを呼ぶアイスクリームがあるらしいから食べたい!」と希望してたけど、どこにあるか最後までわからなかったの。

友人も覚えてないというので、私は諦めてたの。


レンタカーを返す時間まで逆算しながら、伊東の海を目指して行きました。
(最後まで私が運転?)


続き






“女子会旅行 @ 伊東 観光地編”の続きを読む>>
| 【2012-07-28(Sat) 05:00:00】 | Trackback(-) | Comments:(5)
女子会旅行 @ 伊東 ホテル編
ご無沙汰してます。

気が向いたら、コソっと更新したりするかも・・・・。

ホテルの割引券をもらっていました。それは平日のみしか使えないというもの
しかも7月末までという期限付き
どうしたものかと悩んでいた2ヶ月前から、友人とひそかに計画を立ててました。
ペアチケットだったけど、3人で予約して、オーバー分を割ってしまおう!という事で、仕事をそれぞれ休める状態にして、行ってきました。

伊豆 伊東です。

私ともう一人は東京から、後の一人は静岡市内に住んでるので、現地で合流!

なぜ、7/25にしたかと言うと、わが娘が校外合宿で2泊3日 居ないのでした(笑)
偶然にも友人の子ども達も補習などが終わった日という事で、予定がバッチリ合ったのですわ。


さて、ホテルは 伊東市にある 湖(初めて知りました)一碧湖(いっぺきこ)側

アンダ別邸

 ホテル全体がバリ風で統一

 ホテル部屋

ベッドの前には、壁かけタイプのテレビもついてました~
なでしこジャパン vS カナダの試合をゴロゴロして観てたの(^^♪
 途中寝ちゃったけど・・・ああ、勝って嬉しい

こちらのホテルのいいとこは、冷蔵庫に入ってる2リットルの水にウーロン茶、お菓子は全てタダという事!
これ、ポイント高いです。
しかも、チェックイン、チェックアウトがチェックインした時間によって違うのですよ。
人が多いはずなのに、凄くホテル全体が静かで、子どもとか沢山いたようなんだけど、実はお風呂も大浴場が私達3人で夜も朝も貸切だった(^^)v

さてさて、食事の前に ビールで乾杯して 夕飯を待ちました 
もう飲む?

 前菜

 前菜

 手前にある赤い物体・・・実は、ガスパチョを固めたものでした。
 う~ん、これは 普通にソースで良かったかもと 友人達と盛り上がった(^^ゞ

そうそう、なんとここでの食事につくドリンクが全て こちらもフリーでタダ!

ホテル、旅館で今までで初体験でしたわ!
料理の時の飲みものが全てタダって、、、、
遠慮なく、白ワインを頂きました。 おほほほ


 冷製スープ

枝豆の冷製スープ 

 魚ディッシュ

魚は かじきマグロのソテーで、下にはトマトソースがありました。

 肉ディッシュ

そして、お肉

見た目よりボリューム感があって、お腹いっぱいになりましたよ~

途中、突然、ライトが消され、スティービー・ワンダーの♪Happy Birthday♪ が流れてきて、お誕生日の方がいたようで、ケーキが登場して、誕生日の方のもとへ・・・・・
すると、外で花火もあげられるという演出付きで~
レストランに居た皆さんで拍手したんです。

ご本人はサプライズだったようで、とっても驚かれてました。

お祝いしてもらってた彼女 嬉しそうだったな♪

私達にも デザート タイム

 デザート

静岡と言えば、みかん 夏みかんのソースがかかったパンナコッタでしたよ


お腹いっぱいになってから、お部屋に戻り、買いこんできたワインやチューハイで乾杯♪
(何回してるのやら(笑))

もっとお部屋の写真撮っておけばよかったな~
和室もあって、そこには、マッサージチェアも置かれていたので、
私はそこで飲みながら寝てしまっていたわ(*^_^*)


おしゃべりも盛り上がり、夜は更けていったのでした。


つづく




 

| 【2012-07-27(Fri) 10:37:39】 | Trackback(-) | Comments:(1)
プチ断食合宿 後編
断食の夜も同じ 酵素ジュースのみで空腹になるんじゃないかと心配でした

他の方は導入食だったので、しっかり固形物の食事だったんのですが
ここで食べ方の指導がありました

とにかく、ゆっくり噛むこと

それは、お味噌汁でも同じ・・・呑むのではなく、しっかり噛む
味を出すようなイメージ

そんな夕飯が終わって、夜8時からまた1時間ヨガの時間

これは、初級の静かなヨガ

呼吸法のおさらい

私は、パワーヨガをしてるのですが
ヨガには色々あって、でも基本呼吸は一緒なので
腹式呼吸と胸式呼吸のやり方から・・・・

ヨガ未体験の方も半分くらいいらしたので、それでもちゃんと丁寧に教えてもらいました


酵素ジュースにより、色々身体に反応が出ると言う中で
眠気がありました

私はとにかく、ぐっすり寝れましたね


温泉に入り、ヨガをして・・・・部屋でのんびりしてたら、いつの間にか就寝zzzz

朝まで空腹感なく眠れたの


 そして、翌日はスッキリ目覚め
お天気もヨシ♪

また朝ヨガからスタートです


    スタジオ


1時間しっかり今度は、汗をかくほどにヨガ
バランシングポーズが苦手な私

しっかり朝は身体を目覚めさせ

そして、いよいよラストの食事

    回復食

2泊の方はいよいよ断食スタートだったので、酵素ジュース
私達1泊の方は、この回復食=雑炊で徐々に身体へ栄養を戻します

ゆっくり噛んで出汁を味わう

伊豆は、干ししいたけが有名なので、この出汁にもしっかり干しシイタケからの出汁が出て美味しかったです
ほとんど調味料ナシ
カブと干しシイタケの味で十分の塩加減

ここでまた食事指導や質問を料理専門の男性スタッフに聞きました
皆さんも疑問があることを聞いて、メモを取ったりしましたね

お昼は、なるべく軽めにして、
一日カフェインは抜きにしてくださいとありました

やはり断食した分、身体へいきなりへヴィな刺激は入れないでくださいという事でした


これで私の一日断食初体験は終了

本当は、ワンちゃんに会うのも楽しみにしてましたが、週末にならないと来ないということで会えず、、、残念でした

ミルクちゃん 
   ミルク

白い大型犬がいるはずでした(^^ゞ


こんなに満載で 実はお値段交通費は抜きでも 1万円でした

通常、ホテルやお寺などでやるような断食だと数万円するそうです
私はここのヨガの会員でもなかったですし、色々取られたらどうしよう?と思ってましたが
ヨガレッスンに食事指導がついて、このお値段は破格だと思いましたね

しかも 一人部屋・・・

ここは男性も勿論参加OKです!
今回も12名中2名は男性でした
一人で参加された方もいましたし、カップルで参加の方もいました
女性ばかりではなく、年齢も幅広く、交流も面白かったです

またぜひ行きたいです!

解散してから、伊豆だったので、私は車をレンタルして修善寺へ父のお墓参りをして帰路へ

     富士山

三島駅のホームからの富士山は久しぶりに綺麗に見えました



| 【2011-11-01(Tue) 08:41:02】 | Trackback(-) | Comments:(19)
プチ断食合宿 前編
ちょっと、雲隠れしてました(笑)
プチ断食に行って来たんです

1泊2日でしたが、とても為になる時間を過ごしてきました

その旅、日記 前編です

 27日 東京を出発して、目指すは、伊豆高原

ここのところ、身体は重く、心も重く、これはイカン!と思い立ち
無理をわかって、1泊の強行スケジュールを入れました

ネットであれこれ調べて、ちょっとどういうものかわからない面もあり
怖かったのですが、今はとっても行ってよかったと思ってます

ヨガを含め、骨盤の歪みストレッチや、酵素ジュースによるダイエットを目的とし
デトックスも兼ねてのプチ断食の1泊2日合宿
日頃から太らない為の脳トレや知識、また運動方法
食事の取り方などの指導も受けられるという贅沢な感じなんです

2泊3日の方も含め、私が一緒だった参加者は全員で12名(MAX15名)なので
丁度いい感じでした

私と同じ1泊の方は3名

前日から、導入メニューにしてくださいと連絡があったので、
前日の夜は、雑炊とホッケの焼き物などの軽めメニュー

当日、朝は流動食のみとあったので、味噌汁を具少なめにて出発

お昼には、伊豆高原駅に到着

   伊豆高原駅

早々、駅に足湯発見!

   伊豆高原駅足湯

   足湯


スーパービュー号ではなく、普通の「踊り子号」で行きました

   踊り子号

東京駅から2時間ちょいの旅・・・・景色や本を楽しむために乗ったのに、十分寝てましたzzz

お天気にも恵まれ、晴々としてます
ああ、強行に来て良かった~~~~♪


目指す施設は、ホットヨガをメインにしてる「LAVA」の施設

   看板

期待と不安とワクワクと・・・・

でも、不安なんて、あっという間に無くなりました!
スタッフの方のお出迎えに、笑顔になりました

お部屋には、それぞれ、アロマの名前がついてました
私はゼラニウムの間


今回、特別価格で、一人部屋もいつもの2人部屋と同じ金額ということもあり、応募したんです

お部屋は、一人でも8畳にトイレと洗面室もあり、広々~~~~~

  部屋

もともと、大手企業さんの保養所だったようで、買い取ったのでしょう
施設は十分満足

これからみんなで使う キッチンとくつろぎの空間
この他にも、勿論、大浴場の温泉に、みんなで使う共有のスペースには、マッサージ機に大型テレビ、
他にもヨガのスタジオがあります

  キッチン

ピアノにギター、ウクレレ、いろんな民族楽器などもあり
ゆったりとした吹き抜け

宿についてから、まず説明を受け、館内を散策
屋上に出ると
見渡すかぎり青い相模湾

  相模湾


そして、山を見るとすぐそこに大室山

  大室山

ここは、木がないツルっとした山で溶岩で出来てる山です
横にはシャボテン公園があり、有名です
大室山には、数年前、子ども達を連れて、シャボテン公園に行った時に、麓に行って以来です

風が心地よい場所

さぁいよいよ、オリエンテーションから合宿が始まります


自分ノートなるものが用意され、スケジュールなどが書かれています


  自分ノート


私の初日のメニューは、お昼から断食開始でメインの酵素ジュースを飲みます

それが、これ

   酵素ジュース

1泊組の私達は、このジュースを飲みながらお昼スタート
酵素ジュースには、30種類の穀物やエキスが入っていて、味は黄粉のように大豆がメインです
苦みもないですが、粉っぽさが多少あるくらいで、気になりません
お好みでと岩塩とゴマやこちらの施設で採れた、蜂蜜(スタッフさんの手作りだそうです)


   蜂蜜


今まで食べたことのない、コッテリとしてるのに甘すぎないとてもピュアな蜂蜜です

こんな自然いっぱいでヘルシーな断食がスタートしました

この他に、温かいデトックスのお茶、バーニング、コラーゲンなどのお茶も用意されて、
好きなだけ飲んでいいことになっていました
メインはミネラルウオーターで、1日2リットル以上摂取してくださいと説明がありました

午後は、骨盤矯正のストレッチに、セルフマッサージの仕方などをみんなでして
夕方、お風呂などもゆったり入り
夜は、今度は、また酵素ジュース のみ!

2泊の方は、導入食が出されました

玄米ご飯に、ひじきと大豆の煮もの、ナムル、味噌汁などでしたね

こちらは固形物ナシだったので、羨ましく(笑)見てました!

そして、夜8時からまた 本格的ヨガの指導があり
熟睡できるようにリラックス

デトックス効果として、眠気や頭痛がありますと言われました
みんなで「空腹で夜中起きるかな?」と心配してたのですが
意外や意外
空腹感はなく、ゆっくり眠れる・・・・・(笑)

お通じのいい方もいたようですが、私は利尿作用がしっかり出て、毒素出してます!という感じがありました

体調の変化の指導もあったので、安心して参加できましたよ

こうして、一日目はゆっくりと休めることができました


ここで今まで重かったお腹まわりが少々軽くなっていました(笑)


後編では、回復食と食事などについて書きますね










| 【2011-10-29(Sat) 14:51:30】 | Trackback(-) | Comments:(2)
次のページ